「脱原発」企業&政治家

私たちSTOP!浜岡原発は、イデオロギー、宗教、国籍、民族に関係なく『原発のない安心できる社会』を一緒に作って下さる政治家、企業のみなさまを応援します

城南信用金庫 「原発に頼らない安心できる社会へ」
吉原毅理事インタビュー

三上元湖西市長
原子力発電の存続をめぐり、世論は真二ツです。そんな時こそ、首長や議員は十分に研究して、どちらかを明言すべき時なのです。私は10年前から反対してきました。夏だけ2割節電すれば原発は廃止できるのです。
愛言葉(合言葉)夏だけ2割、節電すれば、原子力発電は無くせる!
三上元湖西市長が原発を反対される理由は⇒こちら

ブログ「湖西市長 三上元の選択」は⇒こちら
*『脱原発』への運動は、湖西市ではなく三上湖西市長としての取り組みです。

河野太郎衆議院議員
福島第一原発の事故を受け、原発の新規立地はやめるべきでしょう。2050年までには全ての原発を廃炉にして、自然エネルギーで日本のエネルギーをまかなえるように国民みんなで努力をすべきだと思います。
衆議院議員 河野太郎オフィシャルWEBサイトは⇒こちら
河野太郎ブログごまめの歯ぎしり⇒こちら

古長谷みのる三島市議会議員
「卒原発」が求められています。浜岡原発の問題は、未来の世代から必ず感謝されるはずです。
古長谷みのるオフィシャルサイト⇒こちら
古長谷みのるのブログ⇒こちら
古長谷稔著「放射能で首都圏消滅」

志位和夫日本共産党幹部会委員長・衆議院議員
東海地震の想定震源域の真上にある浜岡原発は永久停止・廃炉にすべきです。福島原発事故は、今の原発が未完成な技術で本質的危険をもつことを示しました。期限を決めて原発から撤退し、自然エネルギーに転換するよう国民的運動で政府に迫りましょう。
日本共産党公式ホームページは⇒こちら
日本共産党幹部会委員長・衆議院議員志位和夫ホームページは⇒こちら
しんぶん赤旗は⇒こちら

大石和央牧之原市議会議員
浜岡原発から16㎞。30年間監視と活動をしてきました。福島原発事故でようやく住民の皆さんが原発の危険性に気付き始めたようです。
私の職業はお茶と平飼い養鶏の小規模農家です。農の道を選ぶ以前から、高度経済成長に伴う大量生産・大量消費・大量廃棄社会の見直しを求めてきました。原子力(核開発)の発想とは真逆のくらし(スローライフ・スローフード)の追求です。

企業、政治家の方の許可を得て、このページでご紹介させていただいています。
STOP!浜岡原発では、イデオロギー、宗教、国籍、民族に関係なく、『脱原発』を表明された政治家、企業を応援します。