メッセージ

被災地の皆様

東北関東大震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災者の方々に対し心よりお見舞い申し上げます。

厳しい状況の中でも、他者を思いやり避難生活を送られている被災者の皆さんの姿に、私たちは心を打たれます。体調を崩されているのではないかと心配です。皆さんが再び笑顔で安心して暮らせるための努力を惜しみません。

福島県をはじめとする周辺地域の放射線量が高い地域の子どもたちのことが心配です。子どもたちがより安全で安心した環境で暮らせるようできることをしていきたいと思います。

 

福島第一原発及び被災地で活動されている皆様へ

自分の命を顧みず被災者、日本のために全力で作業をあたられていることに、その勇気に対し驚嘆の念に打たれます。私たちは敬意を表し心から感謝致します。皆さんのお身体が心配です。

 

内閣総理大臣 野田佳彦菅様

長期的に「脱原発依存」の社会を目指すことを表明して下さったことを嬉しく思います。
しかし、「長期的」ではなく「できるだけ早く脱原発依存」の社会を目指して下さるようお願いいたします。
野田首相は2030年までは一定割合の既存の原発を活用されると表明されていますが、それまで原発事故が起きない保障はありません。
「想定外」という言葉がある通り100%確実な安全対策はありません。地震大国日本に原発は危険過ぎます。浜岡原発で事故が起きれば名古屋・首都圏、玄海原発で事故が起きれば福岡が、もんじゅで事故が起きれば大阪・神戸まで被害が及び、日本の経済が壊滅的状態になる可能性があります。

津波対策のための新たな防波堤ができたとしても、浜岡原発は地震の揺れで放射性物質事故を起こす可能性があります。浜岡原発を含め、現在運転停止中の原発は再稼働させないで下さい。今後、全ての原発の廃炉、そしてもんじゅ、六ヶ所村核燃料再処理工場の廃止をご決断下さるようお願いいたします。

私たちは節電、省エネに務め、社会全体で協力し、原発のない安心できる社会を作る努力を惜しみません。日本国内全ての原子力施設の廃止を目指し、企業に対し、クリーンで安全なエネルギーの開発を進めるよう支援して下さい。

また原発の海外輸出を中止して下さるようお願いいたします。地熱、水力、風力、太陽光など原発以外に日本には素晴らしい技術があります。

私たち市民と一緒に子どもたちそして美しい日本、地球を守って下さい。

 

経済産業省大臣 枝野幸男様

原子力安全・保安院長 深野弘行様

原子力安全委員会の皆様へ

皆さんが安全と言い続けてきた原発は事故を起こしました。人間は自然に対して謙虚になるべきです。皆さんが守ろうとしているものが、美しい日本を消滅させてしまうかもしれないのです。

国策、職責ではなく、良心に従って行動して下さい。私たちは皆さんの良心を信じています。私たちの幸せは経済的な豊かさでも便利さでもありません。平和で安心して生活していけることです。

 

中部電力株式会社代表取締役社長 水野明久様

菅首相の要請を受け浜岡原発の全ての原子炉を運転停止して下さったことを、私たちは大変嬉しく思っています。

防波堤を建設し、浜岡原発を再開させるのではなく、浜岡原発の永久運転停止(全ての原子炉を廃炉)にして下さるようお願いいたします。
そしてクリーンで安全なエネルギーの開発を進めるよう支援をして下さい。貴社が守ろうとしているものが、美しい、静岡ひいては日本を消滅させてしまうかもしれないのです。

私たちは中部電力、行政とともに智恵を出し合い、節電、省エネに努め、原発のない安心して暮らせる社会を作る努力を惜しみません。

 

東京電力株式会社 取締役会長 勝俣恒久様、取締役社長 西澤俊夫様

貴社が安全と言い続けてきた原発は事故を起こしました。人間は自然に対して謙虚になるべきです。貴社が守ろうとしているものが、美しい日本を消滅させてしまうかもしれないのです。脱原発を目指し、クリーンで安全なエネルギーの開発を進めて下さい。私たちの幸せは経済的な豊かさでも便利さでもありません。平和で安心して生活していけることです。私たちは東京電力、行政とともに智恵を出し合い、節電、省エネに努め、原発のない安心して暮らせる社会を作る努力を惜しみません。

現場で作業されている方、地域住民の方たちの今後の健康についても真剣に考えて下さるようお願いいたします。

 

静岡県知事 川勝平太様

菅首相が、2011年5月6日に新たな防波堤が完成するまで、浜岡原発の全ての原子炉の運転停止を中部電力に対して要請されたこと、そして7月13日に「原発に頼らない社会を目指すべきと考えるに至りました」とご発言されたことを、川勝知事が支持されたことを大変嬉しく思います。

原発については今なおご自身のお考えを発言されていない政治家の方が多い中、川勝知事は浜岡原発に関して「静岡県民の命を第一に考えた」ご発言されています。静岡県民の命を第一に考えて下さる川勝知事を、静岡県民としてとても誇りに思います。

「ふじのくに、安心のくに、静岡」を目指し、中部電力に対し、浜岡原発の即時、運転停止の働きかけをお願いいたします。地元企業に対し、クリーンで安全なエネルギーの開発を進めるよう支援をして下さい。

私たちは行政、中部電力とともに智恵を出し合い、節電、省エネに努め、原発のない安心して暮らせる社会を作る努力を惜しみません。

 

御前崎市長石原茂雄様、牧ノ原市長西原茂樹様、菊川市長大田順一様、掛川市長松井三郎様、吉田町長田村典彦様、袋井市長原田英之様、磐田市長渡部修様、島田市長桜井勝郎様、焼津市清水泰様、藤枝市長北村正平様、森町長村松藤雄様

福島県の多くの人々は、福島第一原発事故により、放射性物質に怯え、故郷を離れて暮らしています。美しい静岡のまちを放射性物質で汚染させることがあってはならないのです。
「お茶のまち、あんしんのまち」を目指し、国、県、中部電力に対し、浜岡原発の廃炉への働きかけをお願いいたします。

私たちは行政、中部電力とともに智恵を出し合い、節電、省エネに努め、原発のない安心して暮らせる社会を作る努力を惜しみません。

 

愛知県知事大村秀章様

名古屋市長河村たかし様

中部電力に対し、浜岡原発の廃炉を働きかけて下さるようお願いいたします。地元企業に対し、クリーンで安全なエネルギーの開発を進めるよう支援をして下さい。

私たちは、節電、省エネに努め、原発のない安心して暮らせる社会を作る努力を惜しみません。

 

原子力発電所を作っている日本企業の皆様へ

原発のない安心できる社会が実現できるよう、原子力に代わるクリーンで安全なエネルギーの開発を進めて下さい。

原発を海外に輸出しないで下さい。家電、車など日本企業は多くの素晴らしい技術を持っており、日本製品を通して日本に憧れる海外の人々は少なくありません。原発ではない、エネルギープラント技術を輸出して下さるようお願いします。私たちは原発を輸出しない企業を応援します。

 

報道機関の皆様へ

報道機関の方々の真摯な報道は、被災者と私たちの心を繋げています。

各社が協力氏、第一に子ども、被災者の方々、そして日本に住む全ての人たちのことを考えた「正確で心ある報道」をして下さることをお願いいたします。

 

海外の皆様へ

温かいメッセージ、そしてたくさんの支援を本当にありがとうございます。被災者、そして日本を応援してくれている皆様の存在は、私たちを勇気づけてくれます。