映画「カリーナの林檎〜チェルノブイリの森」

袋井市(静岡県)の市民団体主催の映画「カリーナの林檎〜チェルノブイリの森〜」上映会に行ってきました。
上映後には、この映画のエンディング・テーマを歌うRose in Many Colorsの(写真左下)ミニライブもありました。

上映前にロビーで、今関あきよし監督(写真右上)にこの映画についてお話をお聞きすることができました。
この映画は、2003年のチェルノブイリ事故が風化しつつあった頃、ベルラーシで撮影しました。医学的なことではなく、原発事故のせいで家族が分断し、その狭間に子どもたちがいることを、伝えたかったのです。最低な状況であっても必ず光と希望があります。今の日本の希望は、大人が目覚め原発を止めることです

この映画は、ベルラーシに住む女の子カリーナの物語です。カリーナの家族は、チェルノブイリ事故が起きるまで、原発のある隣の村でおばあちゃん、お父さん、お母さんと一緒に住んでいました。事故後、カリーナのお母さんは病気になり入院し、カリーナも病に侵されます。
とても悲しい物語で、結末も厳しい現実を予感させます。この映画の光と希望とは、映画の内容ではなく、今関監督とスタッフの皆さん、そして、この上映会を主催した袋井市のお父さん、お母さんたちなのだと、観終えてからわかりました。

子どもたちの未来を作るのは、私たち大人です。問題から逃げるのではなく、向き合わなければいけない
上映会の最後に挨拶をされた、主催団体「放射能と子どもの未来を考える会〜袋井〜」の鈴木さんの言葉です。

「カリーナの林檎」は、ぜひ多くの人に観てほしい映画です。また、エンディングテーマを歌うRose in Many Colors officialの音楽は、癒しと前を向いて歩く力を与えてくれます。

放射能と子どもの未来を考える会〜袋井〜」の皆さん、今関監督、Rose in Many Colorsのお二人、ありがとうございました

上映会場となった月見の里学遊会館内にある「オカン食堂」は素敵なカフェです。
おいし〜いケーキとカフェオレをいただきました。

映画「カリーナの林檎〜チェルノブイリの森〜」オフィシャルサイト厚生労働省社会保障審議会推薦)
Rose in Many Colors official web site
放射能と子どもの未来を考える会〜袋井〜

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%  

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: アクション、イベント報告, 原子力災害, 原発の安全と危険, 放射能、放射線、放射性物質, 海外の原子力施設   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です