議員さんに話してみよう!

「浜岡原発を止めるには具体的にどうすればいいですか?」と時々聞かれることがあります。 どうするのが一番良いのか、実は私にもよくわかりません。

原発は国の政策で推進されて来たので、国の政策が変わらない限り、簡単に原発を停止することはできないでしょう。
国の政策を変えるのは、とても大変なことです!
だから、いろんな方法で社会全体に訴えるのが良いのではないでしょうか?

一つの方法は、皆さんの地域の議員の方に「浜岡原発を止めて下さい」という要望を伝えことです。

ご参考までに私がしている方法をご紹介します。最初はドキドキしましたが、議員事務所の方はちゃんと対応して下さいますよ。
❤1.HPまたや電話案内(104)で議員事務所の電話番号を調べる
❤2.議員の方に要望を伝えたいと、議員事務所に電話をかけ、アポを取る。
*議員の方は忙しいので、直接会って要望を伝えるのは簡単なことではありません。議員の方に直接伝えられない場合は、秘書の方に伝えるのでも良いと思います。
*要望は口頭で伝えるのでも良いですが、簡単で良いので文書を用意することをお勧めします。
*『要望書を直接議員の方に渡したいので1分間だけ時間を下さい』とお願いすると、議員の方に直接会える可能性が高くなるかも!
❤3.議員事務所に行き、要望を伝える。
❤4.「お伝えした要望はどうなりましたか?」と後日議員事務所に電話をし聞いてみる。頻繁に連絡し過ぎるとご迷惑になりますが、時々電話をかけたり、事務所の近くに来たらご挨拶がてらおじゃまして事務所の方とお話をするのも良いかもしれません。

議員の方によっては、地域住民との対話の会や国会報告会をされています。そうした会は、市民の要望を伝える良い機会です。
私は、ある議員の方の地域住民との対話の会で浜岡原発を止めて下さいと話したことがあります。このことがきっかけとなり、後日この議員さんからの依頼で、浜岡原発についてお話をしました。
まずは浜岡原発について知ってもらうことが大切ですよね

その他のアクションは⇒こちら

浜岡原発運転停止に賛同ここをクリック!

浜岡原発を止めても停電しません!浜岡原発の発電量は中電の全発電の14%(2009年実績)

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 政治と行政, 運転停止・廃炉のアクション(デモ、パレード、署名等)   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です