掛川市の土壌の放射能測定

7月19日に掛川市で行われた、「無添加入浴剤手作り&掛川市内土壌の放射線量測定結果報告」に参加してきました。
無添加入溶剤の作り方の講師は、掛川市のお母さんです。参加者は女性9人と子どもが3人。皆でおしゃべりをしながら、楽しく入浴剤を作りました。

静岡放射能汚染測定室に県内の土壌の放射性物質(セシウム134、137)の検査を、
掛川市、富士市、浜松市、松崎町、富士宮市、静岡市、藤枝市、伊豆市など静岡県36ヶ所の、土壌の放射性物質(セシウム134、137)の検査について報告がありました。これは、静岡県のお母さんたちが、静岡放射能汚染測定室に検査依頼をしたものです。掛川市はどこも23ベクレル/KG以下でしたが、伊豆市では392/KGという場所もありました。

比較する過去のデータがないので、検出されたセシウムが、もともと自然にあったもの、外国の核実験、福島第一原発…どこから来たものなのかは残念ながらわかりません。

静岡県は市町によっては、被災地のがれきを受け入れ焼却をし、また御前崎市には浜岡原発があり、放射能は私たちの身近な問題となっています。行政に任せるだけでなく、市民が独自に検査をし、現状を知ることで、何か変化があれば、すぐにわかります。そして必要な行動が起こせます。

入浴剤の作り方
入浴剤(小)二つだと、クエン酸と重曹をそれぞれ大さじ二杯を容器に入れて混ぜます。そこに数量のエタノール、そしてお好みでアロマオイルを数的垂らし、さらに混ぜます。ハートや星型に入れ、固まったら型から出します。この入浴剤を入れてお風呂に入るのが楽しみです。アロマオイルはなくても大丈夫です。クエン酸、重曹、エタノールはドラッグストアで売っています。

主催者であり講師のお母さん、参加して下さった皆さん、ありがとうございました❤ 

掛川市、富士市、浜松市、松崎町、富士宮市、静岡市、藤枝市、伊豆市など静岡県36ヶ所の、土壌の放射性物質(セシウム134、137)の検査結果(土壌採取2012年5月末から6月、測定日6月19〜23日、測定機関:静岡放射能汚染測定室)は⇒こちら

無理なく楽しくできる節電方法を募集しています

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%  

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 子ども、お母さん、女性ネットワーク, 放射能、放射線、放射性物質   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です