STOP!浜岡原発の電子署名について

STOP!浜岡原発が皆さまにお願いする電子署名では、目標署名数も期日も設けていません。また、この電子署名には法的効力はありません。それにもかかわらず、STOP!浜岡原発が電子署名を行うのは以下の二つの理由からです。

まず一つ目は、電子署名を通じて、浜岡原発をはじめとするより多くの方々に浜岡原発、日本の原発について知っていただきたいからです。
私は福島第一原発事故が起きるまで原発について、深く考えたことがありませんでした。福島第一原発事故がきっかけで、家から20キロ先にある浜岡原発や私の実家から30キロ先にある上関原発建設計画について考えるようになりました。
原発は100%確実で安全な技術ではなく、最悪の場合原発事故により、放射性物質で土地と水が汚染され、経済活動どころか生活さえもできなくなる可能性があるということがわかりました。そして、原発を止めるべきだという思いに至ったのです。さらに詳しくことはSTOP!浜岡原発の設立趣意をご一読いただけると幸いです。

ただ漠然と原発が怖いからといった理由でなく、このSTOP!浜岡原発のホームページとブログを読んでいただき、事実に基づく運転停止の必要性を知っていただきたいと思っています。その理解の証として署名をしていただき、賛同して下さった方が、ご家族、ご友人に紹介していただくことで、より多くの人たちに原発のことを知っていただきたいのです。

二つめは、STOP!浜岡原発は、国、県、電力会社、政治家、浜岡原発30キロ圏内の市町、関連企業に浜岡原発運転停止のお願いを行っています。その時、皆さまからの署名があると強い後ろ盾となるのです。署名時に書いていただくメッセージには力があります。国内外の多くの方々の賛同署名とメッセージがあることで、要望書に重みが増すと信じています。

議員の方に要望書を届ける場合など、必ずしもいつも賛同者の署名とメッセージを印刷して渡しているわけではありません。しかし、賛同者の国名、署名数、数名の賛同者のメッセージを一枚の紙にまとめたものは、要望書と一緒に渡し、できる限り口頭でも伝えるようにしています。国、電力会社、県、浜岡原発30キロ圏内の市町、関連企業に要望書を届ける時は、その時点での賛同者の署名とメッセージを印刷したものを一緒に届ける予定です。

電子署名をしていただいた賛同者の方々の個人情報(氏名、E-mailアドレス、肩書き)の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご一読下さるようお願いいたします。
今後、署名数は定期的にSTOP!浜岡原発のHPでご報告させていただきます。

STOP!浜岡原発が活動する上で、電子署名が必要ないと判断した時に、電子署名を終了させていただきます。その場合は、STOP!浜岡原発のHPとブログでお伝えします。

浜岡原発運転停止に賛同ここをクリック!

浜岡原発を止めても停電しません!浜岡原発の発電量は中電の全発電の14%(2009年実績)

STOP!浜岡原発 代表 戸倉由紀枝 (静岡県在住)
E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
Tel: 090-4401-8774
日本語HP:  www.stophamaokanuclearpp.com
英語HP: www.stophamaokanuclearpp.com/en

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: お知らせ, 浜岡原発, 運転停止・廃炉の署名   パーマリンク

STOP!浜岡原発の電子署名について への8件のコメント

  1. 市川 美樹 より:

    政治家の皆さん東電を始めとする関係企業の皆さん、お金が何兆円あっても世界が取引を辞め被爆した土地では食べ物も水も口にできません。いくら千葉県に被爆防災センターを造った所で、日本中、世界中の人が被爆する中、一体誰の血を貰うつもりですか?生命が途絶える時にはあなたも終わりです。

    • 市川様
      ご訪問、コメントありがとうございます。
      >・・・被爆した土地では食べ物も水も口にできません。
      本当にそうだと思います。
      経済活動は安全な土地、空気、水があってはじめてできることだと、福島第一原発事故を見て改めてわかりました。
      これからもどうぞよろしくお願いします。

  2. 黒田孟 より:

    同感です。
    地震が無くても一端事故が起きると原発は沢山の生命を半永久的に脅かし続けます。一端事故が起きると放射線で生活の舞台としての地球そのものが破壊されますね。
    生活の舞台が破壊されと住む場所は無くなります。54基ある日本の原発事故が重なったら大変です。今回の事故で原発はその危険性がもの凄く大きい事を全国民が良く理解すべきです。福島原発事故は人ごとではありません。電力はすごく大切な経済活動資源ですが、あまりにも電力に頼った生活が多すぎます。贅沢をするほど電力は増えて不足します。原発廃止を呼びかけるなら節電対策も絶対に必要です。電力会社だけに責任を負わせることは止め、我々もこれからの生活について深く考える必要に迫られていますね。「どこまでも 続く恐怖の 放射線」です。

    • 黒田様
      ご訪問、コメントありがとうございます。
      >…我々もこれからの生活について深く考える必要に迫られていますね。
      >「どこまでも 続く恐怖の 放射線」です。
      黒田様のコメントに同感です。
      心がければ小さい節電がたくさんできることが今回わかりました。
      毎週末掃除機をかけていたのですが、掃除機は月二度にし、箒を使うようにしたり、外出時は電化製品の電源を抜いたりしています。
      夕食時はたまに、テレビと部屋の電気を消し、おしゃれなキャンドルに灯をともし、花を飾れば、いつもとは違う素敵な空間に早変わりです(火の元注意!)。テレビがないので、家族の間での会話も多くなります。
      電気を使わなくても工夫次第で、快適に過ごせる方法はたくさんありますよね。
      何か良いアイディアがあったらぜひ教えて下さい!
      これからもよろしくお願いします。

  3. 横塚駿 より:

    私はすべての核に反対です。原発で事故があり、いったん暴走すればもう手の打ち様がないのは福島原発でわかります。浜岡原発も危険な原発です。なんとしても廃止すべきだとこの署名に賛同します。

    • 横塚様
      ご訪問、コメントありがとうございます。
      >浜岡原発も危険な原発です。
      菅首相が運転停止を中部電力に要請してくださったことは本当に嬉しいニュースです。たとえ運転停止になっても心配なことはたくさんあります。次は廃炉と代替エネルギーの開発を社会全体で取り組んでもらえるように行動します!
      核のない世の中が来ることを願って。
      これからもどうぞよろしくお願いいたします。

  4. 松田 幸恵 より:

    福島第一原発の事故が起こるまで、電力についても原発の危険性についても、
    まったくの無関心だった自分を恥じ、後悔しています。
    緑の大地も、青い海も、そのまま未来のこども達に手渡したかった。
    今回の事故は日本人としての誇りさえも奪っていったと思います。
    こんな状態のままの日本を、こども達に背負わすなんて、できません。
    すべての原発を廃炉にし、日本に合ったエネルギーに変えていかねば。
    まだ間に合う、私たちはきっと実現出来ると信じています。

    • 松田様
      ご訪問、コメントありがとうございます。
      私も3月15日に静岡で地震があるまでは、福島第一原発事故のことは他人事でした。しかし、静岡で地震が起き、浜岡原発がすぐそばにあることに気が付いた途端、どうしたものかと思いました。
      >すべての原発を廃炉にし、日本に合ったエネルギーに変えていかねば。
      >まだ間に合う、私たちはきっと実現出来ると信じています。
      私もそう信じて言います。
      子どもたちに対して恥じることのない大人でいようと思います。
      微力ですが、松田様をはじめいろんな方と繋がって、子どもたちが安心して暮らせる社会を作っていきたいです。
      これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です