拡散希望 10/11原発県民投票議決日までに静岡県議に気持ちを伝えましょう!

原発県民投票・静岡で精力的に活動されている静岡市のFさんからメールが届きましたので、転載いたします。

私は、ママアクション静岡お母さんたちの呼びかけにより、これまで川勝県知事、5人の女性県議と掛川市選出のおふたりの県議に手紙を書きました。
政治家、行政任せにするのではなく、私たち市民が声を出すことで、安心して安全に暮らせる静岡、そして日本を作って行くことができると信じています。県議会でどのような結果になろうとも、議決日まで市民が声を出し続けることが大切だと思います。

❤以下Fさんからのメールです

浜岡原発再稼働の是非を問う県民投票の静岡県議会での議決の日が明後日11日に迫りました。県会議員さんは、賛成か反対か大変迷っている模様です。

県当局から、条例案の不備が指摘されましたが、住民からの条例案は、発議でしかなく、
地方自治法には、完璧な条例案は求められれいません。超党派での修正案の提案を出される動きはあるものの、各会派では原案のまま反対、総務委員会では原案のまま否決という結果になっています。

18万余集まった署名に表された県民の直接請求への声を、議会は否決しようとしています。
どうか、静岡県民も、それ以外の方も、静岡県議会議員さんたちに、
「県民の声を聞いて下さい。県民投票を実現して下さい。」
と電話やファクスでお願いして下さい。お手紙では間に合わないため。
連絡先はこちら(静岡県議会議員連絡先一欄)です。
そう、こんなふう(ママアクション静岡)どうかよろしくお願いします<m(__)m>

県議会が始まってから、めまぐるしい動きがあり、テレビや新聞により毎日報道されていますが、経過と行方が混乱している方も多いと思います。請求代表の鈴木望さんが、受任者、署名者に向けてメッセージと経過報告を原発県民投票静岡のHPに掲載しましたのでご覧ください。

❤現在の焦点は、修正案を全会派の人になるべく多く共同提出者になっていただくことと、修正案の賛成者を増やすことです。県会議員さんへのメール、電話、お手紙を呼びかけています。9日の修正案提出、11日の議決にむけて、最後のアプローチが大変重要です。

7日と8日に街頭でチラシ配布とアピールをしました。
静岡新聞の記事は⇒こちら

原発県民投票・静岡ママアクション静岡の皆さん、ありがとうございます

@SHIZUOKA 静岡新聞 浜岡投票実現訴え 市民団体が街頭活動 静岡(2012/10/8)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%  

静岡❤管理人 について

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です