いま子どもがあぶない、福島原発事故から子どもを守る「集団疎開裁判」

昨年(2012年)、福島県の知人の女性から一冊の本とお手紙が届きました。
ぜひ読んで下さいと、「いま子どもがあぶない福島原発事故から子どもを守る「集団疎開裁判」(編:ふくしま集団疎開裁判の会)」を送って下さったのです。

本とお手紙を送って下さった福島の方は、最近お孫さんが誕生されました。ご本人の許可を得て、いただいたお手紙を紹介します。

10月に孫が誕生し、その小さな命を抱っこして、
本当に大丈夫なの?

こんな小さな命がここで息をしても大丈夫なの?
そんなことを思いながら、不安は増長していきます。
日々、不安に思いつつも、自分たちは大人だし、
でも今その封印して来た不安が爆発しそうになります。
娘もきっと不安でしょう。
お互いに言葉にはしません。
娘の見ていない所で、室内の放射線量を測ります。
今日の居間は0.17マイクロシーベルト
娘と子どもだけでも県外でと思ったりもしますが…
娘の夫の仕事は地元に根ざした仕事です。
なんともなんとも決めるのは娘たちです。

毎時0.17マイクロシーベルトは、年間約1.5ミリシーベルトです。原発事故以前の日本の法律で定められた被ばく限度線量は年間1ミリシーベルトです。この0.17マイクロシーベルトが、果たして将来人間にどういう影響を及ぼすのか、私にはわかりません。一つ確実に言えるのは、福島に住み続ける限り、この女性のようにいつも不安を抱えながら生活しなければならないということです。

福島の人たちはどうしたら安心して暮らすことができるのでしょうか?

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」 

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%  

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 放射能、放射線、放射性物質, 東日本大震災・東京電力福島第一原発   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です