掛川市、市長さん、市議の皆さんにクリスマスカード

掛川市のお母さん、主婦、そして子どもたちで作った感謝の気持ちを込めたクリスマスカードを、掛川市の松井市長市役所教育委員会給食センター市議の皆さんに届けました。

12月8日に、掛川市のお母さん、主婦、子どもたちが集まって、おしゃべりをしながら、皆でクリスマスカードを書きました。子どもたちの描いた絵や手作りの指輪はカードに貼り付けました。

カードを書く前に、広報かけがわかけがわ市議会だよりを皆で一緒に読んで、掛川市の市政、市議の皆さんの取り組みはすごいねと、再認識をしました。
給食の放射線量の測定ツイッターでの情報発信、民主的な震災がれきの受け入れについての説明会、PPS(特定規模電気事業者)の導入など、掛川市は静岡県内の他市町にさきがけ様々な取り組みがされています。給食の放射線量の測定では、食材とは別に牛乳だけを測定し、また一部の食材の産地をHPで公開して下さっています。

「感謝の気持ち」「取り組んでほしいこと」「心配なこと」など、それぞれの想いをカードに書きました。新聞に、「掛川市の行財政改革審議会が、給食の民営化を市に提言する」と書いてあり、安全な給食の観点から心配するお母さんもいました。もちろん、お願いするばかりではなく、「市民としてできることをします」と書きました♬ 

松井市長、市議の皆さん掛川市役所教育委員会給食文化苑こうようの丘の職員の皆さん、本当にありがとうございます

2013年は、掛川市では市長選と市議選が実施されます。選挙では各候補者の方たちの、政策を知ってから、投票したいと思います。

掛川市HP
掛川市・学校給食等の放射能濃度測定結果について 

写真は掛川市のマスコットキャラクター「きんじろうくん

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」 

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%  

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 原発の安全と危険, 子ども、お母さん、女性ネットワーク, 政治と行政   パーマリンク

掛川市、市長さん、市議の皆さんにクリスマスカード への2件のコメント

  1. 覚張 敏子 より:

    私は東伊豆に住んでいる者です。原発に代わるエネルギーということで、風力発電がもてはやされていますが、実は周辺住民の間に深刻な健康被害が東伊豆をはじめ多発しております。頭痛、吐き気、目眩、睡眠障害、中には平衡感覚を失って起き上がるのが困難になったり、風車稼動によって血圧上昇が起こり、これが引き金になって脳溢血などの血管系の病気亡くなられた方もいます。東伊豆では重い方々は命からがら転居されました。
    掛川で掛川風力開発が事業を展開しようとしていますが、僅か280mのところに建てようとしているのに、驚きました。また山口県平生町では同じ日本風力開発の事業で苦しんでいるのに、あたかも問題ない、解決したかのように県の環境影響評価審査会で答えているのにも、憤りを感じました。
    「建ってしまえば地獄」「生殺し」とは被害者の方々がよくおっしゃる言葉です。
    掛川では、原発に代わるエネルギーということで、大型風力発電であっても、歓迎する風潮があるのかもしれません。是非負の側面を認識し、住宅地から離し、健康被害が及ばないようご尽力いただきたいと思います。

    • 覚張様
      ご訪問、コメントありがとうございます。
      貴重な情報ありがとうございます。
      >掛川では、原発に代わるエネルギーということで、
      >大型風力発電であっても、歓迎する風潮があるのかもしれません
      どうなんでしょうか?
      私もそうですが、脱原発を訴えている人たちの中にも、自然再生エネルギーは本当に大丈夫だろうかと、考えている人はいます。
      原発、自然再生エネルギー、どれも良い面も悪い面もあると思います。
      以前掛川の風力発電の羽の部分が一部落ち、工場の建物にあたったことがあるそうです。
      覚張様のご私的の通り、住宅地近くに風力発電を作るのはいろんな危険があるのだと思います。
      エネルギー問題について、今一度国民的議論をする必要があると思います。
      これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です