3.11前の脱・反原発活動

9月にドイツ人ジャーナリストのアンドレアスさんが浜岡原発に取材に来られました。アンドレアスさんは、牧之原市の長野さん(92歳)と御前崎市の伊藤さんご夫妻にも取材をされました。長野さん伊藤さんご夫妻は20年近く原発の危険性を訴え続けています。

今でこそ脱・反原発活動は、全国各地で行われ、一般市民が原発の危険性を訴えています。しかし、東京電力福島第一原発事故が起きる前までは、ほんの少数の人たちが原発の危険性を訴えるだけで、また原発の危険性を訴えること自体が大変なことでした。

まず、原発についての学習会ができませんでした。というのも会場を貸してくれる公共施設がなかったのです。また「住民運動を正しく政府に伝えるために話しを聞きたい」と地元の警察官や公安調査庁の職員の方が長野さん伊藤さんの家を訪ねて来ることも度々あったそうです。そんな時も長野さんは警察官や公安調査庁の職員の方にも原発の危険性を話をされたとか。

相手が誰だかはわかりませんが、お話を聞くと驚くような内容の嫌がらせもあったようです。しかし、長野さん伊藤さんご夫妻は原発について口をつぐむことはありませんでした。

ドイツ人ジャーナリストのアンドレアスさんが、伊藤さんに「大変な状況でも、なぜ自分の意志を変えず自分の意見を主張し続けることができたのですか?」と尋ねたところ、
「危険なことを危険だと言い続けてきただけです」と伊藤さんは静かに答えられました。
一聞、簡単そうですが、これは実はとても難しいことです。

静岡県には、長野さん伊藤さんご夫妻の他にも、浜岡原発を考える静岡ネットワーク (浜ネット)など原発の危険性を長年訴え続けてこられた方たちがいらっしゃいます。こうした方たちに、私は心からの敬意を表します。

長野さん伊藤さんご夫妻らが執筆された「浜岡原発の危険!住民の訴え
41W94+X45AL._SL500_AA300_

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」 

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%  

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 中部電力, 原子力災害, 原発の安全と危険, 浜岡原発   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です