避難所運営ゲーム(HUG)

HUG19月28日と29日に女性のための防災・減災リーダー養成講座(主催:御前崎災害支援ネットワーク)に参加した時、避難所運営ゲーム(HUG)の演習がありました。

避難所運営ゲームHUGは、H(Hinanzyo避難所) 、U(Unei運営) 、G(Gameゲーム)の頭文字を取ったもので英語で「抱きしめる(Hug)」を意味します。避難所運営ゲームは、静岡県が開発しました。このゲームの目的は、避難所の運営をゲーム感覚で、複数の人たちで話し合いながら考えるていくことです。

参加者は、避難所の運営者という設定です。
避難者の年齢や性別、国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所の学校の体育館や教室に見立てた平面図に、どれだけ適切に配置できるか、また避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくかを模擬体験していきます。

HUG2「妻がうつ病」「父親が認知症」「視覚障がい者と盲導犬」「旅行人のアメリカ人団体ツアー客」など避難者の事情は様々です。カードには避難者だけでなく、「報道機関が取材に来る」「明日2:00に毛布が200枚届く」など出来事について書かれたカードもあります。
カードに記載されている内容を元に、「明日3:00から受付で毛布を配布します」「明日「求む!英語を話せる人」など、避難者へのお知らせを書いて、避難所の掲示板に見立てたホワイトボードに貼っていきます。空いている教室を「授乳室」「子どものプレイルーム」などにしたり、避難者にとって少しでも良い環境になるようにも考えていきます。

ゲーム感覚で楽しみながらできますが、「ペットの場所、ペットのトイレはどうしたらいいのだろうか」など、いろんなことを考えさせられます。

静岡県は、この避難所運営ゲームを県内の市町に配布しており、市民に無料で貸出をしているそうです。ゲームのやり方と司会の話す内容が書かれたCDが付いているので避難所運営ゲームHUGをやったことがない人でも安心してできます。

皆さんもお友だちや地域の人たちと避難所運営ゲームHUGをしてみて下さい。オススメです

御前崎災害支援ネットワーク
静岡県HP、避難所HUG

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」 

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%  

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 他団体のアクション&お知らせ, 東海地震   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です