「浜岡原発は、停止しておいたほうがよい47.3%」(浜岡原発20キロ圏内牧ノ原市2016年市民意識調査)

牧ノ原市は、浜岡原発20キロ圏内が入る4市(御前崎市、掛川市、牧ノ原市、菊川市)です。牧ノ原市の市民意識調査は毎年行われており、2017年は4月から5月に実施されました。対象は、牧ノ原市在住の無作為に抽出した16歳以上の男女1,399人です。回答率は59.4%です。
浜岡原子力発電所の今後についての設問もあります。
この意識調査報告書は、牧ノ原市のホームページに掲載されています。
2016年度と比較すると、「浜岡原子力発電所は、停止しておいたほうがよい」は5.2ポイント低くなっています。年代別の回答集計も報告書に記載されています。40歳から79歳は、「停止しておいたほうがよい」が47.7から55.7%ですが、39歳以下は40%以下です。

Makinohara2017(1)

Makinohara2017(2)毎年市民調査をして下さる牧ノ原市に心から感謝します。
ありがとうございます❤

2016年の浜岡原発から20キロ圏内が入る4市の原発に関する市民調査:御前崎市、牧ノ原市、掛川市菊川市
2015年の浜岡原発から20キロ圏内が入る4市の原発に関する市民調査:御前崎市牧ノ原市掛川市菊川市

STOP!浜岡原発ブログ「掛川市の世論調査、20代「再稼働容認」が「廃炉」を上回る」 (2012年平成25年掛川市市民意識調査
データ出典:牧ノ原市ホームページ
平成28年度 牧之原市市民意識調査 報告書16ページ
問5 あなたは、浜岡原子力発電所の今後についてどう思いますか?
http://www.city.makinohara.shizuoka.jp/bg/shisei/upload/H28_shiminishikityousa_houkoku.pdf

 

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 政治と行政, 日本の原発, 浜岡原発   パーマリンク