ストレステスト

❤EU、3月25日にストレステストの実施決定 
欧州連合(EU)では、福島第一原発事故を受け、3月25日にEUメンバー国の首脳が集まり、加盟国14ヶ国143基全ての原発を対象にストレステストを実施することを決定しました。*1 テストは6月に開始され、来年4月末に終わる予定です。*2

EUのストレステストでは、自然災害、人災(飛行機事故、オイルタンカーの衝突、テロなども含む)、電源喪失や炉心冷却システム喪失の場合について、立地条件など多面的かつ包括的に安全性を確認します。テスト結果は、原子力の専門家だけでなく、一般市民やNGOなど原子力分野とは違う有識者からも意見を取り入れ評価がされます。*3&4 


 ❤日本政府、EU決定から3ヶ月後の7月11日実施決定 
海江田万里経済産業省は、7月6日に日本国内54基全ての原発を対象に、安全性検査(ストレステスト)を実施すると発表しました。*2  

日本の場合はどんな風にストレステストを実施するのでしょうか? 
7月11日に原子力安全・保安院から出された文書「我が国原子力発電所の安全性について(ストレステストを参考にした安全評価の導入等) 」には以下のことが書かれてありました。*5

EUで導入されたストレステストを参考に、新たな手続き、ルールに基づく安全評価を実施する。
原子力安全委員会による確認の下、評価項目・評価実施計画を作成し、事業者(電力会社)が評価を行う。その結果について、原子力・安全保安院が確認し、さらに原子力安全委員会が妥当性を確認する。

日本国内では、ストレステストに対しいろんな意見があります。*6&7  
STOP!浜岡では、新しく安全基準を作ること、ストレステストの実施については以下の条件付きで賛成します。 
1.原子力安全・保安院を経済産業省から独立させ組織改革をし、中立的な機関とする。
*2012年をめどに原子力安全・保安院は経済産業省から独立させると、海江田万里経済産業大臣が表明されています。*8&9
2.京都大学原子炉実験所の小出裕章氏など、これまで原発、放射性物質の危険性を長年訴えてこられた専門家、有識者の方に、評価項目・評価実施計画の作成する原子力安全委員会のメンバーになっていただき、現実的かつ厳しい安全基準の下、客観的な評価をする。 


❤不合格の原発は即時運転停止を! 
ストレステストに合格したとしても100%安全が保障されるわけではありません。地震国日本では、東日本大震災規模以上の地震が起きる可能性が常にあります。それは、明日かもしれないし、一ヶ月後かもしれません。東日本大震災後、静岡、長野、和歌山と地震が続いています。*10、11&12

原発事故が起きた最悪の場合、その土地に住むことができず経済活動はできません。人々の健康を害し、それが次世代まで影響する可能性があります。
将来を担う子どもたちが健やかに育つことができなければ、国は成り立ちません。

日本国内の全ての原発を一度に運転停止するのは難しいと思います。まずは、ストレステストをし、問題がある原発は即座に運転停止とし、それ以外の原発は代替エネルギーを確保しつつ、順次運転停止し、将来的には全基廃炉にすることを提案します。

美しい日本を守りたい、将来を担う子どもたちが安心して暮らせる日本を残したい。
STOP!浜岡原発の願いはそれだけです

*1:ENSREG European Nuclear Safety Regulators Group “WENRA proposal – “Stress tests” specifications”
*2:asahi.com 全原発に新たな安全性検査 経産相、導入表明 2011年7月6日
*3:Europa Press release RAPID MEMO/11/339 Brussels, 25 may 2011 “Nulclear stress tests”
*4:WERNA Western European Nuclear Regulators’ Association “First proposal about European “stress tests” on nuclear power plants”
*5:原子力安全・保安院 原子力安全の新着情報 プレス発表2011年7月11日
「我が国原子力発電所の安全性について(ストレステストを参考にした安全評価の導入等)」2011年7月11日
*6:Sankei Biz 「こんなばかな話、考えられない」 経団連会長、机たたき怒る ストレステスト政府見解に 2011.7.11
*7:Sankei Biz 原発ストレステスト「もう めちゃくちゃ」 与野党あきれ、不満、批判 2011.7.8 
*8:msn. 産経ニュース 保安院独立「来年にも」 IAEA閣僚級会合で経産相2011.6.21
*9:経済産業省 原子力安全に関するIAEA閣僚会議 宣言【和訳】2011年6月21日

*10:@S静岡新聞 週間地震情報(2011年5月6日−2011年5月12日)−概況・解説(2011/5/16)
*11:毎日jp 地震:和歌山県で震度5強=午後7時18分 2011年7月5日
*12:毎日jp 地震:長野・松本で震度5強 8人けが、松本城内壁にひび 2011年6月30日
EUROPA-EU website

❤1.福島の子どもたちを守る緊急署名のお願い
❤2.福島の子どもたちの集団疎開の決定を求める署名のお願い
この署名はSTOP!浜岡原発ではなく他団体の呼びかけによるものです。

クリーンで安全な代替エネルギーの開発推進&浜岡原発廃炉を❤⇒ここをクリック!

浜岡原発を止めても停電しません!浜岡原発の発電量は中電の全発電の14%(2009年実績)

 

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 原発の安全と危険   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です