静岡県防災・原子力学術会議臨時会

4月6日に「静岡県防災・原子力学術会議臨時会」が静岡県庁で行われました。
県民にも公開されており、希望者はモニター室で臨時会を聴講してきました!

東北地方太平洋沖地震を踏まえた浜岡原子力発電所の対応」について中部電力の社員の方が報告し、「静岡県防災・原子力学術会」の顧問、構成員の方々が質問をします。

1.浜岡原発の耐震性
浜岡原発の耐震性はマグニチュード8.7です。
原子力学術会の先生マグニチュード9の耐震性はありますか?」
中部電力1000ガルの揺れに対応できます」
*結局、マグニチュード9の耐震性があるかどうか、私にはわかりませんでした。

2.中部電力が防波堤と呼ぶ砂丘の強度
中部電力中部電力のシュミレーションでは、砂丘は現在国が予想する規模の東海地震による津波でも崩壊することはありません。砂丘と原発の間にT.P+12メートル(東京湾平均海面水位)以上のコンクリート製の防波壁を設置します」
原子力学術会「津波は波だけでなく、船などの大きく重い漂流物がぶつかることによってより破壊力を増し、砂丘は本当に崩壊しなのか? 」
*実際に、この砂丘を見た私としては、中部電力が大丈夫だと言っても、砂丘が防波堤の役割をするとはどうしても思えません!!砂丘が崩壊すれば防波壁も崩壊するのでしょうか?防波壁の完成は2、3年かかるそうです。

3.新野川と筬川
中部電力「浜岡原発の近くには新野川と筬川という二つの川が流れていますが、12~15メートルの堤防に囲まれいるので津波は防げます」
*海だけでなく、川もあったとは、新たに知る事実にビックリ!!東北地方太平洋沖地震では、15メートルを越える高さの津波もあったけど・・・

4.想定外の想定
原子力学術会の先生「中部電力が想定した安全策が機能しなかった場合の対応策は?」

5.指揮系統について
原子力学術会の先生オフサイトセンターが地震で機能しなくなった場合の対応策は?」
緊急事態応急対策拠点施設(オフサイトセンター):緊急事態応急対策拠点施設。浜岡原発のオフサイトセンターは、浜岡原発の近くにあります。

4、5を含め継続審議となりました。最後に、川勝知事が挨拶をされました。
川勝知事、中部電力、原子力学術会の先生方、県庁の職員の方たちは、県民の安全を一生懸命考えて下さっていることがわかりとても嬉しかったです。ありがとうございます。
私はますます静岡が好きになりました

現在、浜岡原発で働いる方のことを考えると簡単には決断できないかもしれません。
しかし、今回の臨時会を聴講し、どんなに安全対策をしても事故を100%防ぐことはできないと改めて感じました。
浜岡原発で働かれいてる人たちの再雇用対策を考え、運転停止をして下さい。それが一番安全です。

*県の許可を得て、モニターに映る臨時会の様子を写真撮影し、ブログで公開しています。
中部電力株式会社HP
プレスリリース浜岡原子力発電所における緊急安全対策について(経済産業大臣からの指示に対する報告)2011年4月20日
添付資料 浜岡原子力発電所における緊急安全対策について(概要)
@SHIZUOKA 静岡新聞SBS 2011年4月8日 「砂丘で津波防げるか」 地元住民不安の声

浜岡原発運転停止に賛同される方⇒ここをクリックしてください。

中電、静岡、日本、世界を原発から守ろう!浜岡原発の発電量は中電の全発電の14%(2009年実績)、節電して安心できる社会を!
 

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」 

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%  

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 中部電力, 政治と行政, 浜岡原発   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です