浜岡原発の核燃料と低レベル放射性廃棄物

「浜岡原発は運転停止しているから、東海地震が起きても、原発事故は心配ない」と思っている人は、意外に多くいます。
浜岡原発は現在運転停止中ですが、放射能漏れ事故を起こす可能性はあります。
事実、福島第一原発4号機は、定期検査中で運転を停止していましたが、爆発事故を起こしました。

運転停止中であっても、完全に冷却された状態でなければ、核燃料は核反応を起こる可能性があります。
福島第一原発事故は、冷却装置の電源が喪失したことが原因でした。福島第一原発事故を踏まえ、中部電力は対策を講じていますが、「想定外」という言葉があるように、100%確実な安全対策はないのです。

浜岡原発には、約2,400体の核燃料棒が原子炉内にあり(3〜5号機の原子炉内にあり制御棒に入って冷却されています)、そして約6,625体の燃料棒が使用済み核燃料プールにあります。*1 

浜岡原発内の固体廃棄物貯蔵庫(1、2号棟)にドラム缶で約35,766本の低レベル放射能廃棄物が保管されています(低レベル放射性廃棄物は最終的には六ヶ所村に移送される予定です)。*2 

1号機には表面に小さな穴が開いており、多量の放射線量の放射性物質が漏れる恐れがあり、移動させるのが難しいのです。*3 さらに驚くことに、1、2号機は耐震向上工事に3千億円かかるため、工事がされないまま廃炉が決定しています。*4 (中電は、この1,164本の核燃料を2011年中に4、5号機に移し、1、2号機の廃炉作業をすすめる予定です。*3

フィンランドでは核燃料最終処分場の建設が行われていますが、日本では建設予定地もまだ決まっていません。

海外に核燃料最終処分場の建設についての報道がされたことがあります。*5 日本で要らないものは海外でも要りません。日本は原発を止めても、使用済み核燃料と共存するしかないのだと思います。

私たちができることは、浜岡原発を再稼働させないこと。できるだけ安全な方法で現在ある全ての核燃料(使用済み核燃料、低レベル放射性廃棄物)を保管する。現実的な原発震災時の対策を考えることです。

*1:中部電力、プレスリリース浜岡原子力発電所の2011年度新燃料等の輸送予定について
2011年3月31日、2 使用済燃料プール内の使用済燃料の貯蔵状況2011 年2月28日現在

*2:中部電力、プレスリリース浜岡原子力発電所の2011年度新燃料等の輸送予定について
*1と2について:2011年3月31日、3 低レベル放射性廃棄物の貯蔵状況 2011年2月28日現在
2011年2月28日のデータのため数量の前には約と明記しています。
2011年8月26日に浜岡原子力発電所にお電話をお話を聞きました。
*3:@SHIZUOKA静岡新聞 損傷燃料1体、17年未搬出 運転終了の浜岡1号機(2011/7/28) 
*4:@SHIZUOKA 静岡新聞 浜岡1、2号機 廃炉建屋に使用済み燃料(2011/4/15)(このニュースは現在ネット上で見ることはできません)、47NEWS 損傷燃料1体、17年未搬出 運転終了の浜岡1号機  2011/7/28
*5:47News 使用済み核燃料をモンゴルに貯蔵 日米との合意原案判明 2011/07/18

イベント・アクションの最新情報(一覧)→こちら
クリーンで安全な代替エネルギーの開発推進&浜岡原発廃炉を
ここをクリック!

浜岡原発を止めても停電しません!浜岡原発の発電量は中電の全発電の14%(2009年実績)

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 中部電力, 原子力災害, 原発の安全と危険, 浜岡原発   パーマリンク

浜岡原発の核燃料と低レベル放射性廃棄物 への4件のコメント

  1. 龍爪色 より:

     こんばんは。
     この記事を拝読して、浜岡1号機にぽつんと1体残っている燃料の正体がわかりました。ありがとうございました。
     気になっていたことだったので、モヤモヤが晴れました。ただ、事の重大さは増したのですが。
     静岡新聞アットエスで、詳しい記事(7月28日)を読むことができます。
     「損傷燃料1体、17年未搬出 運転終了の浜岡1号機」(7/28 13:30)
     http://www.at-s.com/news/detail/100048546.html

    • 龍爪色さま
      お久しぶりです!コメント、そして静岡新聞アットエスの記事を教えて下さりありがとうございます。
      毎日jpの記事が消えていたので、他の新聞社の記事を探そうと思っていたのです。
      早速ブログを龍爪色さまが教えて下さった静岡新聞アットエスのURLに変更します。
      この件で中部電力の方にお電話で問い合わせた所、この一体を移動させるとおっしゃっていましたが、できるのでしょうか?
      龍爪色さまには以前もブログの記事について間違いをこっそり教えていただいたりと、助けてもらって、本当に嬉しいです。
      今後とも宜しくお願いします。

  2. 匿名 より:

    食品中の微量放射能も心配。ちりも積もれば山となる。
    最近、スーパーで福島県産、茨城産、群馬産などの野菜などを見かけますが、ここにも微量の放射能が含まれていると思います。
    そして人の口に入り、売れ残りはゴミとして焼却され、放射能は空気中に散り、雨で落とされる。
    膨大な食品を売る大都市の名古屋では、微量な放射能でもその量により、膨大な放射能になっているのではないでしょうか。
    そしてそれが、このモニタリングポストに表れているのではないでしょうか。
    http://radioactivity.mext.go.jp/ja/monitoring_by_prefecture_environmental_radioactivity_level_prefecture/2011/09/14362/index.html
    愛知県は6月ごろは、0.039が多かったのに、最近、雨の時間は、0.043位に必ず上昇します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です