次期首相の原発政策

もうすぐ民主党代表選が行われます。今日(2011年2月28日)の午後には新しい首相が決まります。昨日は、テレビで候補者の皆さんによる討論会が行われ、また民主党主催の公開討論会はインターネットで動画配信されました。*1
インターネットで動画配信された公開討論会を見ましたが、これからの原子力政策についてはほとんど討論されていませんでした。しかし、民主党のHPに各候補者の方の政策が掲載されていたので、(候補者届けで順に)ご紹介します。*2

前原誠司候補者の政見・略歴・推薦人名簿より(p3中段以下)
(2)「安心なくして成長なし」〜くらしと未来に真の安心を〜
◯原発事故収束と原子力安全帰省・原子力政策のゼロからの見直し
◯エネルギー政策の抜本改革
官邸主導でエネルギー改革を実行する。原子力依存を中長期的に低下させ、温暖化対策も視野に入れつつ、再生可能エネルギー等の分散型電源の導入に力を注ぐ。既存の原発については、最新技術、最高水準の安全対策を導入し、安全性を十分確認できたものについて再稼働し、当面の間のエネルギー安定供給に万全を期す。*3

馬淵澄夫候補者の政見・略歴・推薦人名簿より(p3下から3行目〜)
2.世界の先頭に立つ地域分散型国家へ
◯「脱・原発依存」、「国際から国責任へ」
原子力発電所の再稼働には、新たに厳格な規格体制の下で安全性を徹底的に確保する。耐用年数の経過した原子炉は段階的に廃炉し、「脱・原発依存」のエネルギー政策へと転換する。歳処理方法はまず凍結とし、高速増殖炉もんじゅ等の核燃料サイクル政策は抜本的に見直す。
◯「生活の安全保障」
地方の活性化に向け、農村の6次産業化、再生可能エネルギーを活用した地域分散型電力供給等に政策資源を重点投下する。日本の豊かな水、肥沃な土地、そして四季折々に注ぐ太陽といった固有の資源を最大限活用した「未来型食料・エネルギー供給体制」を作り、そこから新たな環境調和型の産業を生み出し、地域分散・循環型の持続可能な産業を実現する。*4

海江田万里候補者の政見・略歴・推薦人名簿より(p3下段)
2. 原発・エネルギー政策〜エネルギー政策の抜本的改訂〜
2020年代初頭までに、原発への依存度を20%以下に引き下げる。
・自然エネルギーを成長産業として育成し、2020年初頭までに総発電量の20%に引き上げる。
原則、新規建設は凍結し、40年以内に原発ゼロを目指す。
・原子力安全委員会の改組とメンバーの刷新を速やかに行う。*5

野田佳彦候補者の政見・略歴・推薦人名簿より(p3下段〜)
1.原発事故をすみやかに収束させる=福島の再生なくして、元気な日本の再生なし
③エネルギー制約を早期に克服する
・電力は経済の「血液」であり、一瞬足りとも止めることはできない。蓄電池や自家発電の補助、再生可能エネルギーの普及支援、少エネルギーを促す住宅エコポイントの実践など、あらゆる政策手段を総動員する。
・原子力安全庁(仮称)を設置して安全の規則体系を一本化し、原子力発電の信頼を回復させる。同時に、安全性を確認した原子力発電所の活用により、エネルギー政策を克服し、電力の安定供給を確保する。*6

鹿野道彦候補者の政見・略歴・推薦人名簿より(p3下から3行目〜)
…さらに、原子力依存の構造を見直す中で、エネルギー政策4本柱(化石、原子力、省エネ、再生可能エネルギー)の最適な組み合わせに関する結論を早急に得て実行に移していきたい。*7

*STOP!浜岡原発では各候補者の議員のHPを見て原子力政策について調べましたが、小沢鋭仁議員(出馬見送り)と馬淵澄夫議員以外よくわからなかったので、8月25日と26日に各候補者の議員事務所に電話をしました。詳しくは⇒こちらをご一読下さい。

*小沢鋭仁衆議院議員HP「国家研の政策提言」6.環境エネルギー部門への「傾斜生産方式」 ポスト原発社会への展望と「環境と経済の融合」(p23〜24)
*馬淵澄夫衆議院議員ブログ『まぶちすみおの「不易塾」日記』『2011年7月11日 (月)原発再稼働統一見解について』『2011年7月 8日 (金) もう一つの柱、「脱・安全神話」』『2011年8月 6日 (土) 政府も、脱・安全神話へ』
*1:USTREAM、民主党代表選候補者討論会2011年8月28日
*2:2011年8月実施民主党代表選、2011年8月29日代表選両議院総会
*3:民主党、2011年8月実施民主党代表選候補者紹介、前原誠司候補者の政見・略歴・推薦人名簿より
*4:民主党、2011年8月実施民主党代表選候補者紹介、馬淵澄夫候補者の政見・略歴・推薦人名簿より
*5:民主党、2011年8月実施民主党代表選候補者紹介、海江田万里候補者の政見・略歴・推薦人名簿より
*6:民主党、2011年8月実施民主党代表選候補者紹介、野田佳彦候補者の政見・略歴・推薦人名簿より
*7:民主党、2011年8月実施民主党代表選候補者紹介、鹿野道彦候補者の政見・略歴・推薦人名簿より
*民主党

STOP!浜岡原発は脱・卒原発の政治家を応援します!

イベント・アクションの最新情報(一覧)→こちら
クリーンで安全な代替エネルギーの開発推進&浜岡原発廃炉を
ここをクリック!

浜岡原発を止めても停電しません!浜岡原発の発電量は中電の全発電の14%(2009年実績)

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 原子力災害, 原発の安全と危険, 政治と行政   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です