新首相、野田佳彦氏の原子力政策

今日(2011年8月28日)午後、民主党新代表に野田佳彦氏が選出されました。次期首相は野田佳彦氏です。
民主党のHPには、野田新代表の政策が掲載されてあり、「原子力安全庁(仮称)を設置して安全の規則体系を一本化し、原子力発電の信頼を回復させる。同時に、安全性を確認した原子力発電所の活用により、エネルギー政策を克服し、電力の安定供給を確保する」と述べられています。*1
また、文藝春秋2011年9月号にはご自身の政策について手記が寄せられており、原子力政策についても書かれています。*2
STOP!浜岡原発で、文藝春秋2011年9月号に書かれている野田新代表の原子力政策についてまとめてみました(詳細は文藝春秋2011年9月号『脱「菅」・半期の閣僚独占手記 野田佳彦「わが政権構想」今こそ「中庸」の政治を』p94-103、エネルギー・原子力に向き合うp96-98をご覧下さい)。

・政府は電力を安定的に供給する耐性をつくる責任がある
安全性を徹底的に検証した原発については、当面は再稼働に向けて努力することが最善の策ではないか
・福島第一原発事故の速やかな収束と事故の検証
・電力の安定供給体制
ストレステスト(耐性検査)等の安全のための規制耐性の整備と新しい基準に合わない原発は廃炉
・原発立地の自治体からの信頼を得られなければ再稼働はない
日本の原発輸出は、すぐに止めるべきではない
・中長期のエネルギー戦略の立て直し(政府のエネルギー基本計画では2030年までに原発14基を増設し、原子力で総発電量の約50%をまかなう方針だった)
新たな原発の増設は難しい
・「脱原発」対「推進」の対立ではなく国民的な幅広い多角的な議論が必要
・コストと世界の資源を含めた視点での原子力利用をにらんだエネルギー安全保障の検討
・原発の依存度を減らす方向性を目指しながらも、少なくとも2030年までは一定割合の既存の発電所を活用
・自然エネルギーを2020年までに20%までに拡大

❤ 野田佳彦新首相への要望❤ 
「脱原発」を表明し、2030年ではなく、できるだけ早く原発のない社会を市民とともに目指し、また原発の輸出を止めることを、ご検討して下さるようお願いいたします。

皆さんもご要望があれば、野田新首相にお伝え下さい
野田佳彦衆議院議員(千葉県)のHPは⇒こちら

民主党代表選について思ったこと
投票前の各候補者の演説で、政策についてもう一度聞けるのかと考えていました。
ところが、ほとんどが、ご自身のことが中心の内容で、民主党の議員に向けたメッセージだったように思います。
もちろん、民主党代表選なので、民主党の議員に向けたメッセージになることはある程度仕方がないと思います。しかし、日本の首相を決める選挙でもあり、候補者の皆さんは、なぜもっと国民に政策を訴えないのだろうかと、不思議でした。また、討論会では、民主党が、候補者に原子力政策を討論させることを避けているのではないかと、感じてしまいました(思い過ごしでしょうか?)。
STOP!浜岡原発では、福島第一原発事故は、政府、東京電力だけでなく、原子力政策、政治に無関心だった市民(STOP!浜岡原発のメンバーも含まれます)にも原因があると考えています。政策を作るのは政治家ですが、その政治家を選ぶのは市民です。市民が利害関係ではなく、政策で政治家を選べば、社会は必ず変わると信じています。
STOP!浜岡原発は、「原子力政策」についてどのようなお考えを持っていらっしゃるか、政治家の皆さんに積極的にお訊ねし、ご自身のHPに掲載して下さるようお願いしていきます。
皆さんもぜひ政治家の皆さんに訊ねてみて下さいね 

民主党代表選に立候補された議員の方たちと野田佳彦首相の原子力政策については、「次期首相に原発について聞いてみよう!」、「次期首相の原発政策」、「野田首相の原子力政策についての書き忘れ(たんぽぽ舎&源八おじさんありがとう)」をご覧下さい。

*1: 民主党2011年8月実施民主党代表選候補者紹介、野田佳彦候補者の政見・略歴・推薦人名簿より(p3上段③エネルギー制約を早期に克服する)
*2:文藝春秋9月号に脱「菅」・半期の閣僚独占手記 野田佳彦「わが政権構想」今こそ「中庸」の政治を(p94-103)

STOP!浜岡原発は脱・卒原発の政治家を応援します!

イベント・アクションの最新情報(一覧)→こちら
クリーンで安全な代替エネルギーの開発推進&浜岡原発廃炉をここをクリック!

浜岡原発を止めても停電しません!浜岡原発の発電量は中電の全発電の14%(2009年実績)

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 政治と行政, 日本の原発   パーマリンク

新首相、野田佳彦氏の原子力政策 への4件のコメント

  1. よりたかようこ より:

    野田さんのHPから、「意見大募集」とあったので、メールをしましたが、拒否されてもどってきました。
    意見受け付けてないんですかね?

    • よりたか様
      ご訪問、コメントありがとうございます。
      >野田さんのHPから、「意見大募集」とあったので、メールをしましたが、拒否されてもどってきました。
      >意見受け付けてないんですかね?
      私もHPを確認してみましたが、「ご意見・ご質問を大歓迎いたします。」と書いてありますよね。なぜでしょう?
      なんらかの技術的なエラーなんでしょうか? もう一度送ってみられてはいかがですか? 私も送ってみようと思います。
      「国民が政治家に意見を伝えること」は、とても大切なことだと思います。
      今後ともどうぞよろしくお願いします。

  2. tome3 より:

    ニュースを見て、脱原発依存でなく脱原発でゆくべきだとメールを野田首相宛に送りました。

    合意と言ってますが、やらせ合意ではどうしようもありませんので・・。付け加えて送りました。

    がんばってください。原発がなくなるまで、応援します。

    草々

    tome3

    • tomoe3様
      ご訪問、コメントありがとうございます。
      >ニュースを見て、脱原発依存でなく脱原発でゆくべきだとメールを野田首相宛に送りました。
      tomoe3様をはじめ、多くの国民が政治家に意見を伝えることで、社会は変わって行くと思います。
      >合意と言ってますが、やらせ合意ではどうしようもありませんので・・
      その通りですよね!!
      >がんばってください。原発がなくなるまで、応援します。
      一人ではできませんが、tomoe3様をはじめいろんな方と繋がって、原発のない安心して暮らせる社会を作って行きたいと思います。
      これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です