野田首相の原子力政策についての書き忘れ(たんぽぽ舎&源八おじさんありがとう)

文藝春秋2011年9月号の野田首相の手記『『脱「菅」・半期の閣僚独占手記 野田佳彦「わが政権構想」今こそ「中庸」の政治を(p94-103、エネルギー・原子力に向き合うp96-98)』を引用し、「新首相、野田佳彦氏の原子力政策」をご紹介しました。

とても重要な箇所を見落としていました。
以下、文藝春秋2011年9月号『『脱「菅」・半期の閣僚独占手記 野田佳彦「わが政権構想」今こそ「中庸」の政治をp97(上段最後)から引用します。

政府には電力を安定に供給する体制をつくる責任があります。
厳しい現実を直視すれば、安全性を徹底的に検証した原発について、当面は再稼働に向けて努力することが最善の策ではないでしょうか

また「少なくとも2030年までは、一定割合は既存の(原子力)発電所を活用する、原子力技術を構築することが現実的な選択であろうと思います」(文藝春秋2011年9月号p98上段)とも書かれており、野田首相の原子力政策は、残念ながら「脱原発」ではないようです。

野田首相への要望
市民とともに「脱原発社会」を目指して下さい。私たちも無駄な電気は使わないなどできることをします。電力不足を心配されていますが、この夏、計画停電を一度も必要としませんでした。国、企業、市民が智慧を出せば、原発のない社会は可能です!経済の重要性を強調されますが(詳細は文藝春秋2011年9月号p96〜97をご一読下さい)、経済活動には安全な土地と市民が必要です。原発事故は、「安全な土地」と「市民の命と健康」を奪ってしまいます。「想定外」という言葉があるように、この世に100%確実な安全対策などないのです。
野田佳彦衆議院議員のHPは⇒こちら

たんぽぽ舎と源八おじさんへのお礼
私は、たんぽぽ舎のメルマガを読んでいます。たんぽぽ舎のメルマガ【TMM:No1173】掲載の記事『野田佳彦新代表について―源八おじさんより、安全な原発・原発輸出もいいと言う、バリバリの原発推進派』を読み、重要な箇所を書き忘れていたことに気が付きました。

たんぽぽ舎は、脱原発と環境破壊のない社会を目指し20年以上も活動している市民団体です。たんぽぽ舎のメルマガには、いつも有益な情報がたくさん掲載されており、とても勉強になります。STOP!浜岡原発では、たんぽぽ舎のイベント・アクション情報を転載させていただいています。

源八おじさんは、脱力系反原発アニメーション「源八おじさんとタマ」の監督です。「源八おじさんとタマ」はシリーズもので、「001:日本の電力原発4割はウソ?!」、「002:原発とCO2について」、「003:放射性廃棄物について」、「004:原発と地震について」、「005:原発と津波について」まであります。源八おじさんと猫のタマが、原発についてわかりやすくお話してくれます。(注:源八おじさんとタマのタイトルがわからなかったので、内容を説明するために「日本の電力原発4割はウソ?!」等、STOP!浜岡原発で独自に書かせていただきまし。源八おじさん、正しいタイトルをご存知の方教えて下さい。)

たんぽぽ舎の皆さん、源八おじさん、ありがとうございます❤  

イベント・アクションの最新情報(一覧)→こちら
クリーンで安全な代替エネルギーの開発推進&浜岡原発廃炉を
ここをクリック!

浜岡原発を止めても停電しません!浜岡原発の発電量は中電の全発電の14%(2009年実績)

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 協力団体, 政治と行政   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です