『原発をゼロに!』経産省前、4人の若者のハンガーストライキ

9月11日から21日まで、4人の19〜22歳の若者たちが、『原発をゼロにしたい』という意志を示すために、経済産業省前でハンガーストライキを行っています。

4人の内お2人とはお会いしたことがあります。岡本直也君(19歳)とはゴールデンウィークに祝島でお会いし、関口詩織さん(22歳)とは6月3日の「いのちを守るお母さん全国ネットワーク」で文部科学省・原子力安全・保安院、厚生労働省に申し入れに一緒に行きました。

なぜハンガーストライキをするのか、関口詩織さんにお話を聞くことができました。
『福島の子どもたち、未来の命、被ばく労働者…、原発によりたくさんの命が脅かされています。

私たち若い世代は、原発の負の遺産をこれ以上背負いたくありません。
そして最も放射能の影響を受ける子どもたち、その子たちに繋がっていく命に、これ以上の負の遺産を残したくありません。

ハンガーストライキについて、いろんな意見があります。
一番多く言われるのが、「どうしてそこまでするの?」ということです。
それは、私たちがそれほどまで真剣に考えた上で、原発を止めてほしいということを、社会に訴えたいからです。

また、ハンガーストライキについて「命を粗末にしている」、「ハンガーストライキ以外のことをすれば?」と考える人たちもいるでしょう。
しかし、決して命を粗末にしているわけではありません。
体調が悪くなれば、途中で止める決断をし、病院のお世話にならないようにしようと、皆で話して決めています。また未来のエネルギー政策について勉強会をするなど、ハンガーストライキ以外の方法でも「原発をゼロにする」ための活動もしています。

10日間のハンガーストライキを成功させることが目的なのではなく、「原発によって脅かされる命」、「未来の社会」について、私たち若者が真剣に考え、原発のない社会を作りたいと思っていることを、多くの人たちに知ってほしいのです』

ハンガーストライキについては、賛否両論あると思います。若い人たちの健康を考えると、私は素直に賛成できません。しかし、関口さんたちの想いには心打たれます。同時に、この若者たちにハンガーストライキまでさせた社会と大人の責任を重く受け止めています。
4人の若者たちが体調を崩さないことを祈りつつ、「彼女・彼らの想いと行動」を応援したいと思います。そして、大人としてできることをしていきます。

将来を想うハンガーストライキ
〜コブシを使わず、拡声器を使わず、ただ食べずに想いを発信する〜
 
脱原発×STOP浜岡
3月27日に名古屋で行われた浜岡原発運転停止を求めるパレードは、高校を卒業したばかりの関口詩織さんとお友達が「脱原発×STOP浜岡」というグループを作り、企画、実施しました。

田中龍作ジャーナル 経産省包囲ー若者ハンスト「原子力への思いが政策に反映されていない」2011年9月12日
47NEWS 上関原発計画撤回訴え 霞が関ハンスト2011/09/10

イベント・アクションの最新情報(一覧)→こちら
クリーンで安全な代替エネルギーの開発推進&浜岡原発廃炉を
ここをクリック!

浜岡原発を止めても停電しません!浜岡原発の発電量は中電の全発電の14%(2009年実績)

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 運転停止・廃炉のアクション(デモ、パレード、署名等)   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です