浜岡原発と新野川と筬川

浜岡原発の西側には新野川(にいのがわ)、東側には筬川(おさがわ)があります。
中部電力は、東日本大震災を受け、津波対策として、総延長約1.6キロ(内1.5キロが前面の海岸、浜岡原発1〜5号機の敷地に沿って建設、防波壁の両端部は盛土でT.P.+20メートルにし、T.P.+20メートル以上の地山に接続)のコンクリート製の防波壁を建設しています(2011年9月12日開始、2012年12月完成予定)。*1234 この防波壁は、新野川と筬川からの津波の遡上については考慮されていない気がします。

「浜岡原発の敷地の東側と西側の地盤がT.P.+10メートル以上であること、また新野川と筬川の状況を合わせ津波の数値シュミレーションを実施した結果、この2つの川から遡上した津波が、浜岡原子力内へ浸水することは考えられない」と中部電力のHPに明記されています。*5

新野川と筬川の津波の遡上ついては、2011年4月6日に静岡県庁で行われた「静岡県防災・原子力学術会議臨時会」でも議題として挙がっていました。

東日本大震災では、津波が川を遡上し、宮城県石巻市では、約12キロ内陸まで到達しました。*6 また、津波は、岩手県宮古市で39.7メートルに達していました。*7&8 東海地震が起きた時、新野川と筬川の津波の遡上は本当に大丈夫なのでしょうか?

T.P.:東京湾平均海面

*1:中部電力HP、プレスリリース2011年、浜岡原子力発電所における津波対策について2011年7月22日
*2:中部電力HP、2011年度経営計画説明資料2011年5月、東北地方太平洋沖地震を踏まえた浜岡原子力発電所の対応13■浸水に対するさらなる裕度向上対策、防波壁の設置(P6)
*3:中部電力HP、2011年度第一四半期会社説明資料2011年8月、防波壁などの配置状況18、防波壁の構造19(P22、23) 
*4:中部電力HP、トピックス2011年、浜岡原子力発電所 防波壁の設置に伴う本体準備工事の着手について2011 年 9月 13 日
*5:中部電力HP、よくあるご質問、浜岡原子力発電所の地震対策について、浜岡原子力発電所の地震対策について、浜岡の敷地の西側を流れる新野川(にいのがわ)や東側の筬川(おさがわ)を津波が遡上してきて発電所に浸入するようなことはないのですか?、ご回答」
*6:msn産経ニュース 東日本大震災、津波、川沿い12キロ逆流も2011.3.28
*7:共同通信社、東日本大震災(ニュース特集)宮古で津波39・7メートル 土木学会特別委が報告
*8:msn産経ニュース 津波遡上高39.7メートル 明治三陸地震の記録更新 2011.9.15 8

浜岡原発については⇒こちら


STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

静岡❤管理人 について

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 東日本大震災・東京電力福島第一原発, 東海地震, 浜岡原発 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です