東海第2原発の再稼働中止と廃炉を!

私は、脱原発活動をはじめ、たくさんの人たちとの出会いがありました。
中でも「放射能から子どもを守りたいという想いのお母さんたち」とは、たくさん出会うことができまし。そして、6月3日にはいのちを守る全国ネットワークのお母さんたちと一緒に文科省に申し入れに行くなど、これまでいろんな活動を一緒にしてきました。

私が出会ったお母さんのお一人、横関彩子さんから「海第2原発の再稼働中止と廃炉を求める署名」のお願いです。ぜひ署名にご協力下さい。

『私の故郷は茨城県東海村、日本の原子力発電発祥の地です。同級生の保護者の多くは原子力産業に携わっており、学校では原子力を「未来の夢のエネルギー」と教えられ、授業の一環として資料館を見学した記憶があります。

高校卒業後はふるさとに戻るのは年に数回だけですが、1999年9.30の東海村JCO臨界被曝事故をきっかけに、原発の危険性を痛感し、学習会に参加するようになりました。
私の父、相沢一正は、1973年に東海第二原発設置差し止め訴訟を起こし(2004年最高裁上告棄却)、JCO事故を機に村議会議員になり、現在二期目を務めています。

3.11の震災には、東海第二原発も、非常用デイーゼル発電機一台が津波をかぶり停止し、外部電源が回復するまでの62時間40分の間、冷却が不十分で不安定な状況が続いていました。福島第一原発と紙一重の危機的な状況だったのです。

「原発がなければ仕事がなくなり村の経済が破綻する」、という主張があります。
しかし、原発をこのまま続けて同じような事故を起こせば、仕事や経済どころの話ではありません。住む場所はおろか、命までをも失ってしまう可能性があります。食べ物・空気・水が汚染され、孫子の代まで永続的に放射能の影響が続いていきます。地震大国日本に原発は危険すぎます。また、忘れてはならないのは、事故がなくても原発には常に放射性廃棄物の管理・処理の問題と末端労働者の被曝問題があるということです。

今、原発をやめることこそが、未来を見据えた行動なのではないでしょうか。発祥の地で廃炉を決定し、脱原発への大きな一歩にしたいと思います。ご協力お願いいたします。                                    横関彩子』

署名「東海第2原発の再稼働中止と廃炉を求める署名」は⇒こちら 
東海村議会議員あいざわ正一HPは⇒
こちら   

イベント・アクションの最新情報(一覧)→こちら
クリーンで安全な代替エネルギーの開発推進&浜岡原発廃炉を
ここをクリック!

浜岡原発を止めても停電しません!2009年の浜岡原発の発電量は中電の全発電の14%、2010年は15%

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 他団体のアクション&お知らせ, 日本の原発, 運転停止・廃炉の署名   パーマリンク

東海第2原発の再稼働中止と廃炉を! への2件のコメント

  1. やんちゃ より:

    原発を全て止めましょう!私も沢山の人に知って貰って協力して頂きます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です