賛同人募集!11/4政府「原発輸出」「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れ

福島第一原発事故から、すでに半年以上が過ぎました。
未だ、原発事故は収束していません。

現在、日本政府は、原発事故、放射能汚染をどう思っているのでしょうか?

原発輸出継続
脱原発を表明された菅首相が辞任し、新たに野田佳彦氏が首相になりました。
2011年9月22日にニューヨークの国連本部での演説で、「原子力発電の安全性を世界最高水準に高め、今後も原発の輸出を継続する姿勢である」ことを表明されました。*1 日本政府は日本企業を後押しする形で、ベトナム、リトアニア、トルコ、ヨルダンへの原発輸出を計画しています。*23&4

原発事故により、福島の多くの人々が故郷を追われました。福島の子どもたちの体内からは放射性物質が検出されています。*5 原発事故は、人々から住み慣れた土地を奪い、人々の健康を害し、農業、漁業、牧畜業など第一次産業を崩壊させています。
100%確実な安全対策はこの世に存在せず、安全な原発はありません。
 
福島、宮城、岩手を中心とする被災地の農水加工品を途上国へ
外務省が、東日本大震災の復興支援で170億円を2011年第三次補正予算案に計上し、その内50億円は、政府開発援助(ODA)の一環として、福島、宮城、岩手3県を中心とする被災地の農水産物の加工品や医療機器などの工業製品を発展途上国に提供することを計画しています。*78&9

福島第一原発事故後の3月17日に、日本政府により食品に含まれる放射線量の基準値は大幅に引き上げられています。*10 福島県及び県外の農水産物から放射性物質の暫定基準値以上の放射性物質が検出されました。*1112 基準値の見直し、給食の食材の産地公開や放射線量の測定など、日本各地で放射能汚染を心配する声が、母親たちの間で挙がっています。また暫定基準値は国によって違い、日本の暫定基準値について警告を発する国内外の専門家もいます。*1314151617 放射能汚染を心配し、今も世界の多くの国が日本からの食品の輸入を規制または禁止し、工業製品についても放射線量を計測している国もあります。*1819
農水加工品は暫定基準値以下のものが提供される予定ですが、暫定基準値以下は放射性物質が含まれている可能性があります。また、本来、食料支援は、日本からで高い輸送コストをかけて送るのではなく、被支援国内は、また近隣諸国から調達することで、その地域の経済支援につながります。

経済産業省前で、「脱原発社会」を目指す女性たちの座り込みへの参加後、SHUT泊、STOP!浜岡原発と国内外の女性を中心とした賛同者たちと連名で、「原発輸出中止」と「ODAによる途上国への被災地の農水加工品の提供」の中止を求め、内閣府、経済産業省資源エネルギー庁、外務省に要望書を届けます。STOP!浜岡原発で集めた賛同署名(52カ国1地域7,224人分)も一緒に届けます。

内閣府経済産業省資源エネルギー庁
野田佳彦首相・枝野幸男経済産業大臣宛
・日本政府・企業による原子力発電所の輸出計画の中止
野田佳彦首相・枝野幸男経済産業大臣宛の要望書は⇒こちら

内閣府外務省
野田佳彦首相・玄葉光一郎外務大臣宛
・ODAによる東日本大震災の被災地の農水加工品と工業用品の途上国への提供の中止 
野田佳彦首相・玄葉光一郎外務大臣宛の要望書は⇒こちら

原発事故、放射能で苦しむ人々をこれ以上増やしたくありません。
私たちは原子力がなくても幸せに生きていくことができます。

要望書の賛同人を募集しています
内閣府、経済産業省資源エネルギー庁、外務省に届ける要望書2通(原発輸出中止途上国への被災地農水加工品の提供中止)の賛同人を募っております。賛同していただける方は、11月1日までに、こちらのブログ記事のコメント欄にご記入いただくか、stophamaokanuclearpp@gmail.comに、「お名前、所属(個人の方は不要です)、お住まいの県(海外の方は国名)、メッセージ」をご連絡下さい。要望書にお名前を記載いたします。ご協力、よろしくお願いいたします。*STOP!浜岡原発のブログのコメント欄にご記入下さった方で、公開を望まれない方は、非公開希望とお書き下さい。

報道機関の皆さまへ
11月4日の日本政府への申入れを取材し、多くの方々にお伝え下さるようお願いいたします。内閣府、外務省、経済産業省資源エネルギ庁の職員の方に要望書を渡し私たちの想いをお伝えします。13時15分に内閣府に申入れをし、外務省、資源エネルギー庁へ行きます。各省庁、約30分ほどお時間を取って下さり担当職員の方が対応して下さいます。その後16時〜16時半まで、経済産業省記者クラブで記者会見を予定していおります(経済産業省記者クラブのメンバー以外の報道機関の方は、記者クラブに事前申込が必要です)。
詳細(日本語)は⇒こちら、英語の詳細は⇒こちら
担当:戸倉 E-mail:stophamaokanuclearpp@gmail.com  Tel:090-4401-8774

STOP!浜岡原発を支援して下さる皆さまへ
11月4日の日本政府への申入れについて一緒に行って下さる方は募集しておりません。
、10月30日〜11月5日までは「原発いらない全国の女たち」が、「脱原発」を目指して、経済産業省の前で座り込みをしています。10月末から〜11月5日の座り込みアクションについては、STOP!浜岡原発は賛同者になっています。私(戸倉)は11月4日の午前中に座り込みをする予定です。よろしければ座り込みのアクションにご参加下さい。おしゃべりするだけ、10分だけ一緒に座るだけでも大歓迎です❤ 
10月27〜29日の詳細は⇒こちら
10月30日〜11月5日詳細は⇒こちら 
11月4日画家・増山麗奈さん、脱原発アートパフォーマンス(経産省前)「私たちの税金で放射能を海外に拡散しないで!愛❤を拡散して下さい」の詳細は⇒
こちら
*座り込み、11月4日の申入れは、それぞれ違う呼びかけ人・団体によって実施されます。

呼びかけ人:
STOP!浜岡原発・戸倉由紀枝、SHUT泊・泉かおり

本件に関する問合せ・賛同人受付先:STOP!浜岡原発・戸倉由紀枝 
Tel: 090-4401-8774  E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com

どうぞよろしくお願いします。

11月4日の内閣府、資源エネルギー庁、外務省への申入れは⇒こちら

*1:首相官邸、野田総理の演説・記者会見等、原子力安全及び核セキュリティに関する国連ハイレベル会合野田総理大臣スピーチ
*2:毎日jp 原発輸出:原電とベトナム電力公社、建設へ調査契約 事業、再始動 2011年9月29日
*3:毎日jp 枝野経産相:原発交渉の継続 トルコ側に要請 2011年10月19日
*4:2011年10月19日に経済産業省に電話で確認しました。
*5:asahi.com 最大被ばく毎時0.1マイクロSv=子どもの甲状腺―放射性ヨウ素、3月下旬検査2011年8月18日
*6:asahi.com 子どもの甲状腺検査始まる=2年半で36万人に実施―福島 2011年10月9日
*7:一般社団法人共同通信社 ODAに被災地産品 外務省、3次補正要求(2011年9月14日)
*8:YOMIURI ONLINE ODAに被災地産品購入枠、50億円新設へ 2011年9月19日03
*9:2011年9月に外務省に電話で確認しました。
*10:厚生労働省HP、別紙、食安発0317第3号 平成23年3月17日、放射能汚染された食品の取り扱いについて

*11:asahi.com 福島・いわき沖のコウナゴ、基準超えるセシウム検出 2011年4月9日
*12:msn産経ニュース 乾燥シイタケから基準値超えるセシウム 静岡県が自主回収要請2011.10.8 
*13:厚生労働省HP、薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会放射性物質対策部会資料(参考資料5)海外における食品中の放射性物質に関する指標
*14: 食品安全委員会、「放射性物質を含む食品による健康影響に関するQ&A」、4 また、リスク管理措置(食品の規制値の設定)に関する参考として、コーデックス 委員会(※3)とEU(※4)の基準は以下のとおりです。p9-10
*15:World Health Organization 日本語版、水道水汚染について更新2011年3月31日(ジュネーブ時間)
*16:ブログ「武田邦彦(中部大学)お米の500ベクレルとは?(平成23年8月4日 午前10時執筆、2011年8月7日)
*17:ECRR(European Committee on Radiation Risk 、欧州放射線リスク委員会)
*18:農林水産省HP、諸外国・地域の規制措置(9月27日現在)
*19:経済産業省HP、諸外国・地域における放射線検査 実施状況等(鉱工業品分野)2011/9/21   
SHUT泊 
内閣府首相官邸経済産業省経済産業省資源エネルギー庁外務省
衆議院議員野田よしひこHP枝野幸男オフィシャルサイト民主党衆議院議員玄葉光一郎オフィシャルサイト

イベント・アクションの最新情報(一覧)→こちら
クリーンで安全な代替エネルギーの開発推進&浜岡原発廃炉を
ここをクリック!

浜岡原発を止めても停電しません!2009年の浜岡原発の発電量は中電の全発電の14%、2010年は15%

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ, 原子力災害, 放射能、放射線、放射性物質, 運転停止・廃炉のアクション(デモ、パレード、署名等)   パーマリンク

賛同人募集!11/4政府「原発輸出」「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れ への75件のコメント

  1. 広島長崎を経験した日本人として、今後は世界の見本にならなければいけないはずなのに、首相を始め、政府は一体人間の命をどのように考えているのだろうか?
    仏教国として、因果応報を理解していないのだろうか?
    世界大国アメリカの大都市ニューヨークに在住の日本人として、誇りに思いたいのに、このような始末では、恥ずかしくて顔をどこに向けてよいやらわかりません。
    建前をうそで埋めつくしていては、必ずくずれるものです。
    今ここで勇気をふりしぼり、自国庶民の身になって即座正しい行動に移して下さい。

  2. 龍爪色 より:

    戸倉様
    こんばんは。
    11/4政府「原発輸出」「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れ
    に賛同します。
     (龍爪色)寺井久美子

  3. 西嶋明子 より:

    ものすごく賛同します。今もっとも大切なことの一つだと思います。
    よろしくお願いします。fromアメリカ合衆国ニューヨーク

  4. 堀田千栄子 より:

    戸倉さま
    政府への「原発輸出」中止、「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れに賛同します!!
    今、日本の大人たち、ひとりひとりがその責任を自覚し、皆の力を合わせて、こんな間違った行為を止めなければ!
    11/27-29,11/30-11/5の女たちの座り込みも参加します。繋がりましょう!
    どうぞよろしくお願いいたします!

  5. 大林 裕子 より:

    政府への「原発輸出」中止、「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れに賛同します!!

    日本人は恥の文化を捨ててしまったのか?一国民としてこれ以上日本の品位をおとしめる卑怯な行為はやめて欲しいと願っています。日本を愛しているのです。

  6. 根上健 より:

    賛同します!
    よろしくお願いします!

  7. 杉本 文恵 より:

    日本に、原発を輸出する資格はありません。
    また、原発災害による被害を、なんの関係もない、利益を一切得ていない途上国に押し付けるのは理解できません。

  8. 佐野由加子 より:

    政府への「原発輸出」中止、「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れに賛同します。
    国内の原発も順次停止し、自然エネルギーへの移行を。

  9. 猿川アロルディ麻緒 より:

    政府への「原発輸出」中止、「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れに賛同します。
    原発問題は日本だけの問題ではないはず。世界が、人類全体が直面する課題なのだから、一人ひとりが目を逸らしてはいけない。政府にも目を逸らさせないために今、私たちが声を上げなくていつ上げるというのでしょう?

  10. 吉積佑香(愛知県) より:

    原発輸出、また被災地の農水加工品をODAとして途上国に提供することに反対します。賛同人に加えてください。3.11から何も学ばないのは愚かだと思います。

  11. 山口 敏子 より:

    原発輸出反対、被災地の放射能汚染が疑わしい農水加工品の途上国への提供中止の趣旨に賛同します。

    形あるものはいつか壊れます。原発が壊れて、スリーマイル島で、チェルノブイリで、福島で、私たちはたいへんな思いをしました。このような悲劇をなぜ繰り返し準備するのでしょうか。
    原発は被曝労働を生み、温排水で生態系を破壊し、事故がなくても原発の運転は絶え間ない放射性物質の漏洩を伴います。子どもたちから預かった地球を原発は汚し続けています。継続可能な社会のあり方を模索すべきと思います。

  12. 村松みか より:

    原発輸出・ODA被災地の農水加工品の途上国への提供 中止を求め申し入れに賛同します。
    日本人として恥ずかしい。中止してほしい。

  13. 猿川和子 より:

    賛同します。
    日本には倫理がないのか。せめて加害者にだけはなって欲しくない。
    政府よ、恥を知れ。

  14. 森永明子 より:

    賛同します。

    私たちの未来、
    子どもたちの命を守りましょう。

  15. 関山 賢人 より:

    拡散したら本当に起こる影響も完全に潜在化して絶対にわからなくなる。
    それを国外に、それも支援など、論外だと思います。

  16. 松浦まき より:

    脱原発   空も海も繋がってて一つ。 世界中の原発いりません!!

  17. 西村敦司 より:

    賛同します。

  18. 南 さやか より:

    政府への「原発輸出」中止、「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れに賛同します。原発事故を起こし、既に国内の多くの人々を苦しめ、他国にも多大な迷惑をかけている日本に、原発を輸出する資格はありません。全ての人が平等で、安全に、人間らしく生きていける世の中を作る事が、人々を率いる方々の役目ではないでしょうか。権力のある人達は弱い立場の人をきちんと守ってください。心ある行動をしてください。よろしくお願いします。

  19. 小鳥まゆみ より:

    政府に対しての、
    「原発輸出」中止、
    「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れに賛同します。

    子どもたちを含む、すべての命を、
    大人として守っていきたいです。

  20. 坂下健司 (東京都) より:

    女性ではありません。男性ですが、賛同させてください。原発の輸出先とされるベトナムは私にとって最も個人的な関係の深い国です。建設予定地も以前、何度か訪れています。決して豊かな地域とは言えないけど、美しい海と暖かな心をもった人が生活をしています、ちょうど、事故以前の福島のような。同じ悲劇を二度と繰り返してはなりません。少なくとも日本がその片棒を担ぐ事はあってはなりません。また、自国で処理できないものを他国の弱い立場の人に押し付けるような、ODA被災地の農水加工品の途上国への提供へも反対します。

  21. 木村理恵 より:

    政府への「原発輸出」中止、「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れに賛同します。事故処理もできない日本が、何を根拠に原発の安全を謳い、危険と知りつつ売るのか?搾取国の日本が、「支援」として被ばく食品を発展途上国に押し付ける。どこまで卑しくなるのか。世界に放射能をまき散らし続け、それでも自国だけは助かりたいというエゴを通すわけにはいきません。これ以上加害を増やさないで!

  22. 若山治憲 より:

    相手の国の人たちはどう思うでしょうか?
    事故を収束できないでいる国の原発を欲しいと本当に思うでしょうか?
    放射能汚染して売れない作物を欲しいと思うでしょうか?
    長い目で見たら日本という国の信用を失うきっかけの一つとなるのではないでしょうか?

  23. 安楽知子 より:

    政府の「原発輸出」と「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止を求める申し入れに賛同します。
    核の犠牲者をもうこれ以上増やさないでほしい。
    30日には、ベトナムのズン首相訪日時に原子力発電所建設に関する合意が結ばれるそうです。日本の企業が使う電気のために原発を輸出し、ベトナムの人の被ばくの上に更なる富を蓄えていこうというのでしょうか。
    未熟な技術で危険な発電所を売り込んだり、善意のふりをして途上国に放射能汚染が疑われるものを押し付けるなど、本当にみっともない。海外に輸出すべきは優れた省エネ技術と再生可能エネルギーの技術であり、途上国に届けるべきは安全が確認されたものであるべきです。

  24. 前田 歩美 より:

    こんなにも哀しい事故が起こってしまって、日本国内でも原発稼働の是非が問われている状況なのに、それを輸出するだなんて。原発事故の責任をとれないことが分かっているのに、そのリスクを更に広げることは絶対にできません。原発の輸出に反対します。

    日本で原発を止められないために汚染が広まってしまいました。東北の農家も支えていかねばならない。しかし、それを海外に、しかも「支援」という形で届けるのは大きな過ちだと思います。
    原発事故の過ちをきちんと見据えて、ただでさえ拡大させてはいけない放射能の汚染を今後どうしていくか、真摯に考えていく必要があると思います。

    神奈川県

  25. 大西匡哉 より:

    原発輸出および、被災地の農水加工品の途上国への提供の中止申入れに賛同します。
    原発は子供たちにとっては完全に負の遺産です。
    世界中の子供たちの未来に、これ以上負の遺産を残さないで。

  26. 瀬在文子 より:

    賛同します

  27. 小山和喜 より:

    賛同します。
    「原発輸出」「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」に反対します。
    原発の技術として日本は遅れている、そんなことよりもまだ何千・何万年の一度のリスクだと言っています。
    日本は原発を導入して50年で臨界事故2回、その他諸々の事故数十件
    そして福島第一は4つの原子炉が壊れ、5と6号機も危ないと囁かれています。
    技術も大切でしょうが、慢心しかない日本の専門家が作る・指導するのはフクシマを新たに作ることになります。
    現在の技術では無理でしょうが、絶対事故が起きない原発・作業員の人が誰も被曝しない原発・核のゴミを無毒化する技術があり、かつ、福島をはじめ世界の陸・海・空・食品を汚染したのを正常に戻せるのなら、原発輸出には反対はしません。

    ODAで更に世界に被害者を出すことは絶対にしては行けません。
    諸外国・地域の規制措置(10月26日現在)→http://p.tl/7Kld
    で世界各国の輸入が厳しくなっていますが、その国意外をすり抜けるかもしれません。

    それと日本に無料で外国人を招待するというのにも反対します。
    12億使うのなら、最低でも妊婦さんや子どもを逃がすようにして欲しい。

  28. 斎藤誠 より:

    政府への「原発輸出」中止、「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れに賛同します。
    国内の原発は点検停止の再稼動は無く、自然エネルギーへの移行を。

  29. 金田 聖 より:

    賛同します。
    政界、官界、財界、もろもろ、存在するだけで支配力のある者どもよ。
    国家を背負う責任を果たせ。世界を背負う責任を果たせ、人間社会を背負う責任を果たせ
    責任回避システムが行き過ぎなんだよ。トップが引責辞任せよ。
    バカは死ななきゃ治らないとは、お前たちの事だ。
    フランス革命を肯定するか?否定するか?
    否定するなら、歴史からフランス革命を消してみろ
    アメリカ独立戦争を消してみろ。
    命であがなう覚悟はできているだろうな。子孫の命と財産であがなう覚悟があるだろうな。
    被害者が、制裁する限り、刑事事件には認められない。事をやっているぞ。
    社会秩序とは、支配体制を守るためと認めるのだな?
    日本の歴史に暴力革命が必要な瞬間かもしれんのだぞ。自覚しろ。

  30. 尾川 耕 より:

    賛同します。頑張っていきましょう。

  31. 林崎千恵 より:

    賛同します。

    もうこれ以上、日本政府は酷いことをしないで欲しい。
    世界中のこどもたちに明るい未来を!

  32. 佐藤秀明 より:

    賛同致します。世界中の子どもたちに安らかで健康な未来を!

  33. 歌野 礼 より:

    日本国政府への怒りを込めて賛同します。

  34. 加藤美代子 より:

    放射能汚染されたものを他の国に、特に人道援助の名目で送ってはいけません。
    国内の被害にあった方に円高の今、しっかりした補償を。
    そして住めない場所に住んでいる人を早く非難させてください。

  35. 絹田 皓士(長野県) より:

    賛同します。こんな事をさせてはいけません。

  36. 福島梓 より:

    政府への「原発輸出」中止、「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れに賛同します。原発が、ヒューマン&システムエラーによる事故0・ウラン採掘者&労働者の被ばく0・事故後の放射性物質無毒化を実現し、完全な技術となってからやっと検討できることであり、さらなる被害者を作る可能性のある今すべきことではない。

  37. 板川真理子 より:

    賛同します。

    原子力発電と人間は共存できないことは原子力発電の歴史をふりかえれば明らかです。子供達が安心して美味しいものを食べ、外で遊べる普通の国を取り戻して下さい。
    これ以上負の遺産を増やさないようにすることが大人の勤めです。

  38. 渡邊由美子 より:

    政府への「原発輸出」中止、「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れに賛同します。
    日本の未来と国民の命を真摯に守ってください。
    他国の命まで危険におかすつけは必ず払うことになります。
    日本という国が放射能汚染の代名詞とならずに、世界に先駆けてクリーンなエネルギー開発実用国となることを信じています。

  39. 大羽比早子 より:

    政府「原発輸出」「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れに賛同します。日本で使えない原発、日本人が食べられないものを他の国に押し付けるなど、以ての外です。

  40. 小塚よし子 より:

    賛同します!
    福島の事故はまだ収束していません。放射能汚染もそのままです。
    自国で管理、処理できないものを外国へ輸出する、高い暫定基準値の食品を支援物資にするなんて恥ずかしい、ほんとに恥ずかしいです。

    栃木より

  41. 堀口昌子 より:

    モンゴルに核廃棄物の処理場を、作ろうとしたり、「高い暫定基準値」の食品を、途上国に支援物資という名をかりて、送るなんて、自分さえ良ければという、まったく言語道断の行いです!マスコミも「風評被害」という言葉の使い方も間違っていると常々思っています。根も葉もないことで、噂をいうのなら「風評」でしょうが、高い基準値を決め、それ以下だから安全とは!誰が考えても信じられないことです。瓦礫処理で、日本中に放射能をばらまき、世界にまで、ばらまく気でしょうか?恥ずかしさと、怒りでいっぱいです。

  42. 前川 愛 より:

    政府への「原発輸出」中止、「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れに賛同します。
    支援として途上国に送るなんて、暴挙です。

  43. さとうまきこ より:

    賛同いたします。 途上国を見下す恥ずかしい案です。ODA援助を恩に着せて放射能汚染食品を押しつけ、国内や世界の食品に関する放射能汚染基準を引き下げようとする思惑に感じられます。仮にODAとは切り離し、原発利用先進国もふくめ世界に無償提供するとしたら、海外からの反応によりこの案の非常識さがわかることになるでしょう。

  44. 谷川竜一 より:

    原発輸出の中止、ODA被災地の農水加工品の途上国への提供の中止に賛同します。
    特にODAで途上国へ送るのは、発想として下劣なものだと感じています。

  45. チェイス洋子 より:

    原発輸出、断じて許せないし、輸出を試みることの良識が疑われる。又被災地の農水加工品を途上国へ提供などという恥ずかしいことは絶対止めて欲しい。

  46. 金子久美子 より:

    どこまでもどこまでも人々を危険にさらす恥知らずな人たちの
    下劣な行為は許せません。
    原発輸出、武器輸出、放射能廃棄物を途上国になどあり得ません。
    断じて反対します。

  47. 福島 慶一 より:

    戸倉様へ

     賛同人になります。こんな野蛮なことを許してはいけません。政府に強く抗議します。

     氏名:福島慶一 在住県:埼玉県

     よろしくお願いします。

  48. 福島 慶一 より:

     原発の安全神話は完全に崩壊しました。それなのにまだ原発に固執し、原発を海外に輸出するなどとうてい認められません。
     さらに被災地の農水加工品を途上国へ送るなどとは何ごとですか。いったい途上国の人たちの人権を何だと思っているのですか。
     政府に上記二項について取りやめるよう強く要求します。

  49. 増田博光 より:

    原発の輸出、食品の汚染、放射性物質の排出に強く反対します!!

  50. 渡辺 理絵子 より:

    賛同します。11月20日の外務省への申入れに参加したのですが、各省庁の管轄がちがうとの理由で、厚労省・現政府が決めた暫定規制値に外務省は無条件で従うという論理は一見システムとして合理的に見えるが、そのような仕事の仕方では無責任だ。行政官はまじめに管轄内の仕事だけやっているかに見えて、実はその仕事の結果と影響力を考慮することなく、大きな税金を使う決定権を行使しながら、自分が一国民であることも、一個の人間である事も放棄して政治全体の責任を感じていないという事は、一個の人間の集合体が民主主義の日本を形成していると言う事を無視し、霞ヶ関の自浄作用が皆無であるということの証明だからだ。

  51. 武谷恵子 より:

    賛同します。

    日本政府のやろうとしていることは、途上国支援でも、被災地支援でもありません。
    原発が抱える構造的な問題を世界に拡散させる、このような暴挙を許したら、
    日本は、核の加害者になってしまいます。

  52. 神谷ふさこ より:

    広島・長崎を経験しながら、落とした米国にひたすら追随する日本政府。被害者になったことを言い募るのに、自分達が加害者である実態には目をつぶろうとする日本人の傾向。。。
    原発の正体をきちんと考える、ということができていないので、平気で他国に売って金儲けを、と考えてしまう。そんな大人にならぬよう、今の若者達にはまっとうな教育をすべきなのですが、実際はどうでしょうか。
    政府に対しての、「原発輸出」中止、「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れに賛同します。

  53. 神成 知実 より:

    政府への「原発輸出」中止、「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れに賛同します。
    世界にまでこんな酷いことをさせてはいけないです。
    百歩譲って想定外の地震で起きた原発事故だったとしても、今後はもう想定外ではない。
    日本の勝手な暫定基準で判断し、放射能汚染された食品を世界にまで拡散させるのは、意図的な犯罪です。

    • 神成 知実 より:

      居住地書くの忘れました。
      神成 知実 (かんなり ともみ)
      横浜市在住です。

  54. 藤原潤子 より:

    「原発輸出」中止、「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れに賛同します。自分たちが食べたくないものを人にあげるべきではありません。

  55. 竜縁拓 より:

    賛同します。(埼玉県)
    どちらも許し難い行為です。まさに死の商人です。

  56. 小泉都 より:

    あのような事故が起こった後でも、原発を建設しようとは信じがたい。たった半年で安全性が飛躍的に向上したとでもいうのか。
    ODAで被災地の食品を途上国へ送ることで「風評被害」が解消されるなど、人をバカにした理屈づけにもほどがある。基準値程度まで放射性物質が含まれている可能性のある食品は、情報を得られる個人が、個人の判断で消費すべきもの。

  57. 三井マリ子 より:

    2つの中止提案に賛成します。

  58. 重松智子 より:

    賛同します。

  59. 坂本理恵子 より:

    賛同いたします。
    岐阜県より、よろしくお願い致します。

  60. 阿部由識 より:

    「原発輸出」「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止の申入れに賛同いたします。

    阿部由識
    東京都江戸川区

  61. 美野武三 より:

    原発輸出もODA被災地の農水加工品の途上国への提供も、
    余りに許しがたい行為です。
    強く賛同します。

    東京都

  62. 山口寿美 より:

    「原発輸出」「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止の申入れに賛同いたします。

    政府は国民の声を真摯に聞いてください。
    原発は絶対反対です。
    再稼働も輸出もしないでください。

  63. 山本 佳代子 より:

    「原発輸出」「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止の申入れに賛同します。
    他国に毒をばらまいても平気という感覚が信じられません。善意に見せかけているのが許せません。
    石川県

  64. 鈴木美智子 より:

    賛同します。
    ありえないことです。援助とは何なんでしょうか?

  65. フランセスク・プラナス より:

    賛同します。
    世界の子供たちに明るい未来を

  66. 若林尚子 より:

    政府への「原発輸出」「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れに賛同します。
    被災地を支援するために汚染された加工食品などを、日本が起こした原発事故に何ら関係のない発展途上国へ、支援といって輸出し押し付けるなどという、非人道的、差別的なことをするのは止めてください。日本人として非常に恥ずかしい。情けなくて悲しくなります。

    未だに事故を収束できず、安全性の根拠になるものなど何も得られてもいないのに、安全性を高めるなどと言う。原発は安全なものではないと分かったのに、それでもまだ続けようとする。原発事故が起きて健康と命を脅かされながら、これから何十年も放射能と闘っていかなければならない、とても信じられないような大変なことが毎日毎日正にこの国で起きている。そんな安全でないものを、何故他の国へ輸出しようとするんですか。そのようなことをするのは止めてください!決して認めることはできません!

  67. 伊藤 みどり より:

    賛同します

  68. 縫部朋美 より:

    賛同します。
    日本の原発に関係のない人々を、こっそりと被爆させようとする動きは、とても恥ずかしいです。本当に日本人の神様はお金なのでしょうか。
    私たちが追及してきた便利で快適な暮らしが、どんな犠牲の上に成り立っていたのか考えずに、さらに「経済」優先で走りつづけるのでしょうか。
    どうか、私たちのしようとしていることの意味を、私たちが正しく理解できますように。

  69. 大木 優子 より:

    賛同します!

  70. 大木 瑞哉 より:

    賛同します!!!

  71. 長谷部貴俊 より:

    戸倉様 「原発輸出」「ODA被災地の農水加工品の途上国への提供」中止申入れに賛同します。長谷部貴俊(横浜市在住)

  72. 鈴井孝雄 より:

    賛同します。ベトナムとの係わりでは、枯葉剤被害児童支援チャリティコンサートを昨年は静岡市で取り組んできました。また、修学のための奨学金支援活動も行っています。そのベトナムで原発を受け入れるとは、とても残念です。日本ベトナム大使にもあったことがあり、秘書官宛にメールを入れましたが、返事がありません。
    放射能も、ダイオキシンも遺伝子に傷をつける点では同じです。安全な原発はあり得ないのです。核燃料製造から原発管理、廃棄に至るどの過程からも被曝労働者を作り出します。絶対、輸出を止めましょう!

  73. 古関歩 より:

    賛同します。皆さんもおっしゃっている通り、日本だけの問題ではありません。アジアの各地でも、着々と新たな原発が作られています。日本はもちろん、周辺国で原発事故が起こらないとは限らず、そうなれば私たちは再びあの3月の恐怖にさらされるでしょう。しかし、広島・長崎、原発事故まで経験し、誰よりも原子力の恐ろしさを知っているはずの日本が「NO」と言わなければ、どの国に対しても「NO」ということはできません。こんな情けないことで良いのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です