ドキュメンタリー映画制作「原子力が人々に及ぼした影響とは」JBM Films

先日、アメリカの番組制作会社JBM Filmsブライアン氏(Brian Higdon)の取材のお手伝いをしました。
浜岡原子力館浜岡原発を案内し、インタビューの英語の通訳をしました。

ブライアン氏は、原発の是非を問うのではなく、「アメリカと日本において、原子力がどのように人々の生活そして人生に影響をもたらしたか」をテーマにしたドキュメンタリー映画の制作のため、約1ヶ月日本で取材をしています。

経済産業省前の女性たちの座り込み、南相馬市、広島市、浜岡原発を訪れ、東日本大震災の被災者、原発に反対する市民、政治家、行政職員、医師…いろんな方にインタビューをしています。しかし、原発を推進されている人たちは、なかなか応じてくれないそうです。

「(完成後)アメリカ、日本、世界の多くの人たちに、この映画を通して福島、日本で起きていることを多くの人たちに知ってもらい、原発について考えてほしい」

ブライアン氏は、12月上旬にアメリカに戻ります。まず、膨大なインタビュー動画の日本語の文字おこしをしてから、英訳し、その後編集作業に入ります。そのため、映画が完成するのは半年から1年後になるそうです。

映画の完成が楽しみです

JBM FIlms
Brian Higdon, The Internet Movie Database

イベント・アクションの最新情報(一覧)→こちら
クリーンで安全な代替エネルギーの開発推進&浜岡原発廃炉を
ここをクリック!

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10%

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 東日本大震災・東京電力福島第一原発, 浜岡原子力館, 浜岡原発, 海外メディア・原発関連ニュース   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です