「子どもたちを放射能から守るために」菅谷昭著

「子どもたちを放射能から守るために」菅谷昭著(亜紀書房)を読みました。 菅谷昭氏の著作を読むのは、「チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示 (新潮文庫)」に続いて2冊目です。

菅谷昭氏は、チェルノブイリ原発事故後被災地の医療支援をした甲状腺がんの外科医で、現在は松本市長です。

「子どもたちを放射能から守るために」菅谷昭著(亜紀書房)
1章 放射能を浴びたら、どんな健康被害がでるのですか?
2章 水や野菜魚、ふつうに摂ってもだいじょうぶですか?
3章 25年目のチェルノブイリ

本の帯には「正しく知って正しく怖がる」と書かれています。 今、私たち市民がすべきことは、「事実をきちんと知り、行政にまかせるだけではなく、子どもたちのために何ができるかを一人一人が考え実施していくこと」だと思います。この本は、それを実践していくためのヒントがわかりやすい言葉でたくさん書かれています。 お薦めの一冊です。ぜひご一読下さい。

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

静岡❤管理人 について

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 原子力災害, 原発の安全と危険, 子ども、お母さん、女性ネットワーク, 放射能、放射線、放射性物質, 東日本大震災・東京電力福島第一原発 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です