米ドキュメンタリー映画「The New Hibakusha 新しいヒバクシャ」

昨年(2011年)11月にアメリカの民間番組制作会社JBMフィルムズのブライアン・ヒグドン氏が、浜岡原発を取材した時に、ボランティアで通訳とドライバーをしました。 

JBMフィルムズは、現在、ドキュメンタリー映画「The New Hibakusha 新しいヒバクシャ」を制作しています。

このドキュメンタリー映画では、広島に原爆が投下されてから、福島第一原発が爆発し、原子炉がメルトダウンするまで、そしてメルトダウンした今、人々がどのように原子力について考え、また原子力が人々にもたらした影響を、アメリカの事情も合わせ描く予定です。

現在、JBMフィルムズでは、1月24日までオンラインでドキュメンタリー映画「The New Hibakusha 新しいヒバクシャ」の制作費のカンパと寄付を募っています。
このサイトでは、JBMフィルムズが昨年日本で撮影した動画の一部をご覧になることができます。

JBMフィルムズからのメッセージ
原発事故を二度と起こさないために、私たちはドキュメンタリー映画「The New Hibakusha 新しいヒバクシャ」を完成させ、世界中の人たちに観てほしいと思っています。福島で何が起きているかを、私たちとともに世界中の人たちに伝えて下さい

2011年11月4日の経済産業省前の画家・増山麗奈さんのアートパフォーマンス「私たちの税金で放射能を海外に拡散しないで!」の様子も少し映っています。

ドキュメンタリー映画「The New Hibakusha 新しいヒバクシャ」制作費のカンパ・寄付サイトは⇒こちら(2011年1月25日まで)
JBMフィルムズのHPは⇒こちら

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 原子力災害, 原発の安全と危険, 放射能、放射線、放射性物質, 浜岡原発, 海外メディア・原発関連ニュース   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です