留学生、浜岡原発を見学

1月15日に中国、ベトナム、エジプト、アメリカ、マリの留学生10名が浜岡原発を見学に来られ、ご一緒させていただきました。
国際教育文化交流協会主催による「東西留学生・外国人県民の視点から考える浜岡原子力館への研修バスツアー」です。

「浜岡原発を考える会」の伊藤実さんと日本福音ルーテル教会・原子力行政を問い直す宗教者の会の内藤新吾牧師のお二人が、留学生の皆さんに浜岡原発について説明をされました。
まず、浜岡原子力館を見学し、海岸に行きました。海岸から、浜岡原発と防波堤の建設現場を見たのですが、遠州のからっ風で、足を踏ん張っていないと立っていられないほどでした。その後、相良層も見学されました。

留学生の皆さんは、とても熱心に見学され、伊藤さんと内藤牧師の説明に聞き入っていました。
何人かの留学生とお話することができました。
アメリカ留学生
「日本語のニュースが完全に理解できず、福島第一原発で何が起きたのかよくわかりませんでした。原発について知りたいと思い、浜岡原発見学ツアーに参加しました」
アメリカの留学生からは、「日本の魚は食べても大丈夫ですか?」と聞かれたのですが、市場に出回る全ての魚の放射線量が計測し公表されていないこともあり、「大丈夫です」と言い切ることができませんでした。

ベトナムの留学生
「エネルギー問題のことを考えると、原子力は必要だと思っていましたが、今日浜岡原発を見学し、話を聞いて、原発は止めた方が良いと思いました。また、ベトナムに日本の原発を輸出する計画がありますが、しない方が良いと思いました。命が一番大切です」

テレビ局と新聞社の方たちが取材をされていました。

とても寒かったですが、有意義な一日でした

国際教育文化交流協会のHPは⇒こちら
原子力行政を問い直す宗教者の会のHPは⇒こちら
中部電力株式会社、浜岡原子力館のHPは⇒こちら

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 原子力災害, 原発の安全と危険, 東日本大震災・東京電力福島第一原発, 東海地震, 浜岡原子力館, 浜岡原発   パーマリンク

留学生、浜岡原発を見学 への2件のコメント

  1. より:

    はじめまして
    ヨルダン在住の和です。
    日本での動きを、遠くからですが応援しています。
    こちらヨルダンも、ベトナム同様、日本から原発を買おうとしている国。

    残念で仕方ありません。

    • 和様
      コメントありがとうございます。ヨルダンからなんて感激です!
      >日本での動きを、遠くからですが応援しています。
      嬉しいお言葉ありがとうございます。
      >こちらヨルダンも、ベトナム同様、日本から原発を買おうとしている国。
      売れるということは、買う人がいるってことですよね。スリーマイル島、チェルノブイリ、フクシマを教訓に、世界の原発政策が変わることを願うばかりです。
      これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です