御前崎市「浜岡原発を考える会」

「浜岡原発を考える会」は、御前崎市の伊藤実・眞砂子ご夫妻が、1995年に立ち上げた会です。設立の時にはたくさんの仲間がいましたが、5号機増設が決まる頃には、ほとんどのメンバーが抜け、数人になってしまいました。

伊藤ご夫妻のご自宅は、浜岡原発から1キロ離れた場所にあります。

原発立地地域では、原発で生活の糧を得ている人が多く、また利害関係により、放射能の危険性や原発について否定的な意見を公に言うことは、現在も難しい状況です。

浜岡原発が建設された当時から、伊藤ご夫妻は、原発はよくないと思っていました。しかし、子育て、仕事で時間の余裕がなく、建設反対の署名をするぐらいで、独自で活動されることはありませんでした。

子育てが一段落し、地域のために何かできるこはないかと考えたと頃、浜岡原発5号機建設計画が浮上し、「これ以上危険な原発を増やしてはならない」と夫婦で行動を起こしました。

伊藤ご夫妻は、御前崎市で、物理学者の藤田祐幸氏やジャーナリストの広瀬隆氏の講演会を企画・実施するなど、さまざまな活動を通し、原発の危険性を訴えてこられました。福島第一原発事故以前は、国が原子力政策が推進し、安全性をアピールしており、脱・反原発活動を続けるのはとても大変でした。伊藤ご夫妻から聞く当時のお話は、まるでテレビドラマのようです。

伊藤ご夫妻は、国内外の報道機関からの取材、見学で訪れる学生や市民の方たちへの浜岡原発の案内、講演会で話をするなど、現在も、精力的に活動を続けています。

「放射能を出す原発は危険であり、孫子の代に危険な原発を残してはいけない」と眞砂子さんは私にお話して下さいました。

私が脱原発活動を始め、最初に浜岡原子力館を訪れた時、偶然伊藤ご夫妻と知り合うことができました。
それ以来、伊藤ご夫妻には、たくさんのアドバイスやご協力をしていただくなど、とても親切にしていただいています。STOP!浜岡原発が活動が、これまで様々な活動を実施できたのは、伊藤ご夫妻をはじめ、長年脱・反原発活動を続けて来て下さった方たちが助けて下さるおかげです。

なぜ起きてしまったのだろう、なぜもっと早くから原発のことに関心を持たなかったのだろうと、福島第一原発事故のことを思うと、今も悲しく残念な気持ちになります。
しかし、福島第一原発事故がきっかけで、伊藤ご夫妻と出会えたことには素直に感謝したいと思います。

伊藤実氏のインタビュー記事:KYODO NEWS FOCUS: Residents near Hamaoka plant evasive about no-nuke future, Feb. 10 2012

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 原子力災害, 原発の安全と危険, 放射能、放射線、放射性物質, 東日本大震災・東京電力福島第一原発, 浜岡原子力館, 浜岡原発   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です