1/18不安な気持ちを伝えるには?「放射能・原発を不安に思う主婦・お母さんのお茶会」@掛川市

1月18日に、掛川市で「放射能・原発を不安に思うお母さん・主婦のためのお茶会」を開催しました。このお茶会は、昨年(2011年)9月に始め、今回で4回目になります。
掛川市の主婦・お母さんたち数名が中心になり、毎回交代で幹事を決め、お茶会を企画し実施しています。

今回のお茶会では、NPO法人磐田ふれあい基金協会の副理事で親業インストラクターの竹内好江さんに講師をお願いし、「不安の伝え方」などコミュニケーションについてお話をお伺いしました。竹内さんは、「親子の信頼関係づくり」をモットーに、これまでさまざな講座や講演会を企画、実施してこられました。

「被災地のガレキ受け入れや食材の放射能汚染を心配する人」
「被災地のガレキを受け入れ、また福島を中心とする東北の食材を買って被災地支援をしたいと思う人」
放射能と原発についての感じ方、考え方は人それぞれです。
こうして意見が違っても、多くの人たちは、「子どもを守りたい、被災地を支援したい」という気持ちは同じようです。しかし、コミュニケーションの方法を少し間違えると、対立してしまうことがあります。

竹内さんからのアドバイスは、「自分の意見と違っていても、まずは相手の話を最後まで聞くこと。そして、次に自分を主語にして、自分の意見を伝える(誰かのせいにしない)」ということでした。
簡単ではありませんが、お互いを認め合うことができれば、意見が違ったとしても対立することなく、コミュニケーションはできるのではないでしょうか?

18名の遠州地方(静岡県西部)の主婦・お母さんたちが参加して下さいました。
竹内さん、参加して下さった皆さまありがとうございました

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

静岡❤管理人 の紹介

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 他団体のアクション&お知らせ, 子ども、お母さん、女性ネットワーク, 放射能、放射線、放射性物質   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です