障がい者と防災計画

防災計画は、多くの場合、健常者を中心に策定されているのではないでしょうか?
東日本大震災では、避難所において、情報が行き渡らず、聴覚障がい者が食事を取ることができなかった、と障がい者団体のスタッフの方から聞きました。
また、他の避難住民への気兼ねから、避難所に入らない発達障がいのお子さんの家族もいたそうです。

災害時でなくても、健常者があたりまえにできることが、障がい者にはできないということがたくさあります。例えば、講演会も手話通訳がなければ聴覚障がい者は参加できません。

2012年4月7日に静岡市で行ったシンポジウム「東海地震と浜岡原発」では、より多くの市民に参加してもらうために、手話通訳、磁気ループ、要約筆記を用意しました。この3つは全て聴覚障がい者のためのものです。当初、手話通訳だけしか用意してなかったのですが、準備を進めて行く上で、補聴器を使い手話通訳は理解されない難聴者の方、聴覚を失われたばかりで手話通訳を理解されない方、聴覚障がいにもいろんな方がいらっしゃることがわかりました。そのため、手話通訳、磁気ループ、要約筆記を用意しました。

磁気ループと要約筆記の機材は重たく、搬入、設置の準備が大変でした。しかし、準備の大変さ以上に、健常者があたりまえにできること、得られる情報を、障がい者は得られないということを、実感しました。
聴覚障がい者、身体障がい者が、シンポジウム「東海地震と浜岡原発」に参加して下さり、ご意見をいただくことができました。厳しいご意見もいただきましたが、言っていただくことで気付きがあり、とてもありがたかったです。

災害時に最も厳しい状況に置かれるのは、障がい者、子ども、高齢者など社会的弱者です。
東海地震と浜岡原発事故という複合災害が起きた時、全ての命を救うことは、残念ながら難しいでしょう。しかし、健常者だけでなく、障がい者、子ども、高齢者のことを考えた防災計画を策定し、日頃から障がい者のことを正しく知ることで、より多くの命を救うことができると信じています。

シンポジウム「東海地震と浜岡原発」で、手話通訳、磁気ループ、要約筆記を用意するにあたり、静岡県聴覚障害者情報センターのスタッフの皆様には大変お世話になりました。ありがとうございます。

シンポジウム「浜岡原発と東海地震〜今、私たちにできること〜」HP録画
静岡県、中部電力、静岡県内の市町に届けた提言書

磁気誘導ループ:聴覚障害者用の補聴器を補助する放送設備のこと
静岡県聴覚障害者情報センター 
神戸新聞 NEWS 東日本大震災 避難所の発達障害児ケア 神戸の団体など助言(2011/04/11)

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%  

静岡❤管理人 について

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: 原子力災害, 原発の安全と危険, 放射能、放射線、放射性物質, 東海地震 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です