いわき市議、福島原発30キロ圏からの報告

今日は、隣町の袋井市で、いわき市議会議員の佐藤和良氏の講演会がありました。

地震直後から1週間は支援物資が届かず、特に水とガソリンが入手できずとても大変だったそうです。福島第一原発事故以降の人々の不安と恐怖・・・。テレビや新聞では報道されない、福島の当時の様子をお話して下さいました。

佐藤議員は、『原発は命の問題である』と福島第一原発事故が起きる20年前から、原発の危険性ついて訴えて来られました。

佐藤議員は、ブログ『風のたより』で福島のことを書かれています。
『福島の人たちは福島第一原発事故により原発難民となり、いずれ棄民になるのでは…』
地震発生後に書かれた記事を読むと、この言葉の意味を実感します。

今、佐藤議員が最も心配されているのは、子どもたちのことです。
政府により、福島の子どもたちの年間放射線量が20mSvに決められています。
以前、STOP!浜岡原発のブログでも書きましたが、年間放射線量20mSvは原発で働く人と同じ値で、成長期の細胞分裂が活発に行われている子どもたちにとって、安全な数値だとは思えません。

福島第一原発事故が収束に向かうまで当面二ヶ月の休校、安全な給食の提供など、子どもたちのためにさまざまな要望書をいわき市に提出されています。しかし、そうした要望はなかなか実施されません。

STOP!浜岡原発では、全国のお母さんたちと協力し、福島の子どもたちが安心して暮らせるようアクションを起こします。
アクション『6/3福島の子どもたちを守ろう、全国のお母さん立ち上がる』は⇒こちら

ブログ『風のたよりーいわき市議会議員 佐藤かずよし』は⇒こちら

佐藤議員、今日は本当にありがとうございます。

福島原発30キロ圏からの報告は動画でご覧いただけます。
前半は⇒こちら、後半は⇒こちら

クリーンで安全な代替エネルギーの開発推進&浜岡原発廃炉をここをクリック!

浜岡原発を止めても停電しません!浜岡原発の発電量は中電の全発電の14%(2009年実績)

静岡❤管理人 について

市民の皆さん、行政、政治家、電力会社、企業と一緒に協力し、電気の無駄使いに気を付けて、知恵を出し合って、安心して暮らせる静岡、日本、地球にしていきたいです。 将来を担う子どもたちを放射能から守り、美しい静岡、日本を残していきたいです。 平和的に原発を使わない安心して暮らせる社会を目指し活動します❤ よろしくお願いします。 STOP!浜岡原発  ❤日本語  www.stophamaokanuclearpp.com ❤英語  www.stophamaokanuclearpp.com/en ❤連絡先 E-mail: stophamaokanuclearpp@gmail.com
カテゴリー: アクション、イベント報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です