5/6再稼働反対アクション(静岡市、掛川市、浜松市

5/6再稼働反対アクション(静岡市、掛川市、浜松市)
≪拡散希望≫
*どのアクションも主催者・団体はなく、市民が自然発生的に集まって行なっています。そのため、急遽中止になる可能性があるかもしれません。
再稼働反対アクショ ン@静岡
日時:毎週金曜日18:30~19:30
場所:静岡市青葉公園周辺 集まりましょう!金曜の夜に!

原発要らない掛川金曜行動
場所:JR掛川駅の北口
時間:毎週金曜日18:00〜18:30
事前連絡なしでどなたでもご参加いただけます。

『再稼働反対金曜アクショ ン@浜松』
浜松でも ≪拡散お願いします~~≫
『再稼働反対金曜アクショ ン@浜松』
日時:毎週金曜日18:30~19:30
場所:浜松駅北口キタラ(市民の木の辺りです)集まりましょう!金曜の夜に!
子どもが一番!愛情一番!命が一番!経済4番!原発いらない!
今週はタンバリンとかの鳴り物 持って来てね。

*どのアクションも主催者・団体はなく、市民が自然発生的に集まって行なっています。そのため、急遽中止になる可能性があるかもしれません。
*このイベント・アクションの主催は、STOP!浜岡原発ではありません。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年4月)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発3訴訟長期化「まだ5合目」 関心の低下危惧(2016/4/30)

静岡新聞@SHIZUOKA 災害時の原発「被害なくても常に情報発信」 中電社長見解(2016/4/29)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発乾式貯蔵 2018年度内の運用「困難」(2016/4/29)

静岡新聞@SHIZUOKA 代替施設の整備遅れ 浜岡など原発事故時の対策拠点(2016/4/26)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発の建設巡る資料など公開 立教大(2016/4/22)

静岡新聞@SHIZUOKA 耐震設計重視で審査 浜岡など沸騰水型原発 規制委方針(2016/4/22)

静岡新聞@SHIZUOKA 中電「評価方法検討中」浜岡5号機健全性、規制委が判断保留(2016/4/14)

静岡新聞@SHIZUOKA 規制委が評価保留 海水流入の浜岡原発5号機(2016/4/13)

静岡新聞@SHIZUOKA パッキンの傷原因か 浜岡原発3号機 発電機油漏れ(2016/4/13)

静岡新聞@SHIZUOKA 圧力抑制室に破片 浜岡3号機、非常用電源から油漏れ(2016/4/12)

静岡新聞@SHIZUOKA フィルター一部破損 浜岡3号機・格納容器内(2016/4/9) 

静岡新聞@SHIZUOKA 防潮堤完成も残る課題 浜岡原発、規制委の審査継続(2016/4/1)

静岡新聞@SHIZUOKA 5電力並行で審査 浜岡など、沸騰水型原発6基(2016/4/1)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発重大事故時 94万人の避難先都県名提示(2016/4/1)

静岡新聞@SHIZUOKA <浜岡原発避難計画>31キロ圏市町 評価分かれる(2016/4/1)

静岡新聞@SHIZUOKA <浜岡原発避難計画>浜岡原発訴訟の原告代理人は非難(2016/4/1)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 中部電力, 原子力災害, 原発の安全と危険, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 東海地震, 浜岡原発 | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年3月)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発事故の避難計画公表 94万人、静岡県内と7都県へ(2016/3/31)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発の防潮堤完成 津波対策、4年4カ月かけ(2016/3/31)

静岡新聞@SHIZUOKA ケーブル不適切528カ所 浜岡原発3~5号機(2016/3/31)

静岡新聞@SHIZUOKA 解釈書に「事前了解」規定 UPZ7市町の浜岡原発安全協定案(2016/3/30)

静岡新聞@SHIZUOKA 放射能調査16カ所増加 浜岡原発周辺、静岡県が方針(2016/3/30)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発UPZ7市町協定案 4月にも最終確認へ(2016/3/26)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発3号機の高経年化評価、8月終了 稼働30年前(2016/3/25)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡、強度評価誤り 原子炉内機器、健全性に影響なし(2016/3/25)

静岡新聞@SHIZUOKA 「浜岡再稼働なら値下げ」 中電社長、時期には触れず(2016/3/24)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発4号機、浸水対策を点検 静岡県と御前崎市(2016/3/24)

静岡新聞@SHIZUOKA <浜岡原発>島田市が広域避難計画公表 静岡県内初(2016/3/22)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡重大事故、住民避難前に観光客退避 静岡県が計画案修正(2016/3/12)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発所長が強調「安全対策努める」高浜差し止めで見解(2016/3/11)

静岡新聞@SHIZUOKA <高浜運転差し止め>浜岡原発の地元 評価割れる(2016/3/10)

静岡新聞@SHIZUOKA <高浜運転差し止め>浜岡原発訴訟 原告団「勇気もらえる」(2016/3/10)

静岡新聞@SHIZUOKA <高浜運転差し止め>川勝知事「今後の推移注視」(2016/3/10)

静岡新聞@SHIZUOKA 原子炉破損を想定 緊急事態対応へ訓練 浜岡原発(2016/3/3)

静岡新聞@SHIZUOKA セシウムの最大値、2種で震災前超え 浜岡原発周辺(2016/3/1)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 中部電力, 原子力災害, 原発の安全と危険, 国内メディア・原発関連ニュース, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 東海地震, 浜岡原発 | 件のコメント

3.11あの日を忘れない東日本大震災から5年

3月9日から20日まで、掛川市市立中央図書館で、「3.11あの日を忘れない東日本大震災から5年」パネル展・防災講座と管野千代子氏「福島県飯館村の暮らし」写真展が開催されました。主催は、掛川市中央図書館です。

IMG_0240私は、知人と一緒にこのパネル展と写真展に行きました。一緒に行った知人は、2年前にご主人の転勤で掛川に引っ越してこられましたが、東日本大震災が起きた時は、福島市に住んでいました。また、飯館村には何度も行かれたことがあり、管野さんの写真を見ながら、飯館村がどんなに美しく、良い村だったかをお話して下さいました。現在、飯館村は、放射線量に応じて、帰還困難区域、居住制限区域及び避難指示解除準備区域に分かれています。*1

そして、ご自身が被災された経験から、「お風呂のお湯は、次にお風呂に入るまでお湯を抜かないこと(断水してもお風呂の残り湯でトイレの水を流せる)。野菜の冷凍食品を冷凍庫にストックしておいた方が良い(冷凍食品の野菜があると、スーパーで生鮮食品が買えなくても野菜を摂取することができる)」など、ご自身が被災された経験に基づいた備えについて教えて下さいました。

IMG_0237掛川市と市民の被災支援活動記録、岩手県の津波被害の写真、防災用品なども展示されており、地震、原発事故、防災について改めて考えさせられました。

IMG_0247_2管野千代子さんの写真展は、3年前にも掛川市で開催されています。主催者を変え、今回また掛川市で写真展が行われたことに感謝します。

*1:飯館村ホームページ、避難指示区域の立入・通過について

 

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 他団体のアクション&お知らせ, 放射能、放射線、放射性物質, 日本の原発, 東日本大震災・東京電力福島第一原発 | 件のコメント

3/9-20「311あの日を忘れない東日本大震災から5年、飯館村写真展・防災講座」(静岡県掛川市)

■パネル展
管野千代子写真展「福島県飯館村の暮らし」
とき:2016年3月9日(水)〜20日(日)
*14日(月)は休刊日となります。
場所:掛川市中央図書館生涯学習ホール(掛川市1148番地の1)
■防災講座
日時:2016年3月13日(日)午後1時半〜午後4時
会場:掛川市中央図書館地下会議室
内容:
-WAKUWAKU西郷「見聞録考 高校生からの減災メッセージ」
-ほんわかブッククラブによる朗読会
-危機管理課「掛川市の−震災支援の状況・被災地支援報告」「家庭の避難計画作成について」
*申し込み不要。直接会場にお越し下さい。天理教駐車場をご利用下さい。
主催:掛川市図書館
お問い合わせ:0537−24−5921(掛川市中央図書館)311表ちらし311裏ちらし
*このイベント・アクションの主催はSTOP!浜岡原発ではありません。お問い合わせは直接主催者にご連絡下さい。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発ニュース(2016年2月)

静岡新聞@SHIZUOKA 広域避難計画で川勝知事に要望 浜岡原発の市民団体(2016/2/26)

静岡新聞@SHIZUOKA 原発事故の避難先「できる限り県内」 川勝知事会見(2016/2/25)

静岡新聞@SHIZUOKA 中電社長「白紙でない」 浜岡6号機新設記載見送り(2016/2/24)

静岡新聞@SHIZUOKA <浜岡6号機見送り>御前崎市や県、冷静に受け止め(2016/2/19)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡6号機新設の記載見送り 中電、新経営指針(2016/2/19)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発1、2号機 廃炉「第2段階」開始(2016/2/16)

静岡新聞 @SHIZUOKA 受け入れ都県と訓練を 浜岡原発の広域避難計画案検討(2016/2/10)

静岡新聞 @SHIZUOKA 核燃料税交付金 浜岡原発周辺市町への配分見送り(2016/2/7)

静岡新聞 @SHIZUOKA 排気ファン火災、中電が県に説明 浜岡原発2号機(2016/2/5)

静岡新聞 @SHIZUOKA 放射性廃棄物の仮置き認可 浜岡1、2号機廃炉計画変更(2016/2/4)

静岡新聞 @SHIZUOKA <浜岡・防災実動訓練>屋内退避「すし詰め」 福祉施設や病院(2016/2/4)

静岡新聞 @SHIZUOKA 避難退域時検査で課題指摘 浜岡原発・防災実動訓練(2016/2/4)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡原発事故想定し避難訓練 新東名静岡SAでスクリーニング(2016/2/3)

静岡新聞 @SHIZUOKA 燃料集合体の管「異常なし」報告 浜岡原発(2016/2/2)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 中部電力, 原子力災害, 原発の安全と危険, 国内メディア・原発関連ニュース, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 浜岡原子力館, 浜岡原発 | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年1月)

静岡新聞 @SHIZUOKA避難先明示されず、市町困惑 原発事故想定の計画案(2016/1/28)

静岡新聞 @SHIZUOKA「ベント」3号機に搬入 28日から据え付け工事(2016/1/28)

静岡新聞 @SHIZUOKA 安定ヨウ素剤を事前配布 浜岡5キロ圏で新年度中に(2016/1/27)

静岡新聞 @SHIZUOKA 高速SAで汚染検査 全国初、2月浜岡事故避難訓練(2016/1/23)

静岡新聞 @SHIZUOKA 防潮堤点検が終了 浜岡原発で静岡県と御前崎市(2016/1/22)

静岡新聞 @SHIZUOKA 火山噴火リスク、原告側主張へ 浜岡原発訴訟控訴審(2016/1/22)

静岡新聞 @SHIZUOKA 空調火災原因、軸受けの損傷か 浜岡原発2号機(2016/1/19)

静岡新聞 @SHIZUOKA 「不確かさ」考慮、震源モデルM7.4浜岡4号機審査会合(2016/1/16)

静岡新聞 @SHIZUOKA 放射線学ぶクイズ形式の新展示 浜岡原子力館(2016/1/12)

静岡新聞 @SHIZUOKA 4号機敷地内断層「活動可能性なし」 中電、浜岡原発評価く(2016/1/9)

静岡新聞 @SHIZUOKA 火元の排気ファン 運転開始から使用 浜岡原発2号機(2016/1/8)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡原発で火災 空調の一部焼く(2016/1/7)

静岡新聞 @SHIZUOKA 中電社長、合格に自信 浜岡原発4号機の適合性審査(2016/1/4)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 中部電力, 原子力災害, 原発の安全と危険, 国内メディア・原発関連ニュース, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 東海地震, 浜岡原発 | 件のコメント

2/14『日本と原発4年後』上映会と河合弘之弁護士講演会「脱原発への戦略」(静岡県袋井市)

『日本と原発4年後』上映会と河合弘之弁護士講演会「脱原発への戦略」
時:2月14日(日)午後12時30分~4時半
所:袋井市西公民館ホール(袋井中学校の西。電話 43-3304 )
開催協力金 1,000円
映画「日本と原発 4年後」は監督・制作、河合弘之弁護士。構成・監修、海渡雄一弁護士により、昨年末完成しました。前作「日本と原発」の改訂版です。2時間18分。
監督・河合弘之弁護士のメッセージ
『「日本と原発4年後」自主上映会そのものが脱原発です。
「日本と原発 私たちは原発で幸せですか?」はおかげさまで大好評をいただき、この一年間で約1,000回(観客動員数約7万人)の自主上映がされました。
その改訂版の「日本と原発 4年後」は、ここ一年の大きな出来事(高浜原発差し止め仮処分、元東電役員の強制起訴など)、被ばくの問題、テロと原発の問題、推進派(近藤駿介氏、木本教子氏)の言い分等を入れました。日本の原発の全ての論点を論じ尽くしました。これを観た人は必ず脱原発を確信するようになります。
したがってこの自主上映そのものが脱原発運動になります。「脱原発運動のために何かしたいのだけれど何をしていいのか分からない」という人がいます。そのような方こそ自主上映運動をお願いします。
そして自主上映による上映料は次の映画「日本と自然エネルギー 未来からの光と風」の製作費に充てられます。その意味でも「日本と原発 4年後」の自主上映運動は「脱原発そして自然エネルギー」の推進そのものになるのです。皆様の強力なご協力をお願い申し上げます。平成27年12月吉日』 
*河合弘之弁護士プロフィール
1944年旧満州生まれ。1968年東京大学法学部卒業。1970年弁護士開業。さくら共同法律事務所所長。脱原発弁護団全国連絡会共同代表。福島原発告訴団弁護団代表。大飯・高浜原発差止仮処分弁護団共同代表。浜岡原発差止訴訟弁護団団長など、原発訴訟を多く手がける。映画「日本と原発」初監督。著書「東電株主代表訴訟 原発事故の経営責任を問う」「動かすな 原発 大飯原発地裁判決」「原発訴訟が社会を変える」など。
主催 浜岡原発を考える袋井の会 代表 松倉次郎 
問い合わせ 事務局 竹野昇 電話・ファックス 0538-43-3456

*このイベント・アクションの主催はSTOP!浜岡原発ではなく他団体です。お問い合わせは直接主催者にご連絡下さい。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年1〜2015年12月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年12月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年11月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年10月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年9月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年8月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年7月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年6月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年5月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年4月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年3月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年2月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年1月)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 原子力災害, 原発の安全と危険, 国内メディア・原発関連ニュース, 放射能、放射線、放射性物質, 日本の原発, 東海地震, 浜岡原子力館 | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年12月)

静岡新聞 @SHIZUOKA 一部試料で震災前超える 静岡県・環境放射線調査(2015/12/29)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡原発の防潮堤完成(2015/12/27)

静岡新聞 @SHIZUOKA 避難計画など県が回答 浜岡原発UPZ団体の質問書(2015/12/26)

静岡新聞 @SHIZUOKA 「浜岡と福島、類似」指摘 元技術者らNPOが冊子作成(2015/12/25)

静岡新聞 @SHIZUOKA 高浜再稼働容認 静岡県内関係者の反応は・・・(2015/12/25)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡原発安全協定 最終調整案合意、年明けに持ち越し(2015/12/25)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡5号機、健全性と基準対応並行 中電社長が工事計画(2015/12/23)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡避難計画、実効性求める 原発訴訟弁護団(2015/12/22)

静岡新聞 @SHIZUOKA 防潮堤の完成、中電「年度内」環安協で報告(2015/12/18)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡4号機、延焼対策不備180カ所(2015/12/16)

静岡新聞 @SHIZUOKA 腐食の圧力容器「継続使用可」中電、浜岡原発5号機評価(2015/12/15)

静岡新聞 @SHIZUOKA 原発立地市民、不安と要望今も 御前崎市が意見公表(2015/12/9)

静岡新聞 @SHIZUOKA 「最後の手段」準備着々 浜岡原発4号機ベント工事(2015/12/8)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡原発安全協定 首長会議「年内に」藤枝市長言及(2015/12/3)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 中部電力, 原子力災害, 原発の安全と危険, 国内メディア・原発関連ニュース, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 浜岡原発 | 件のコメント