2/12再稼働反対アクション(静岡市、掛川市、浜松市)

2/12再稼働反対アクション(静岡市、掛川市、浜松市)
≪拡散希望≫
*どのアクションも主催者・団体はなく、市民が自然発生的に集まって行なっています。そのため、急遽中止になる可能性があるかもしれません。
再稼働反対アクショ ン@静岡
日時:毎週金曜日18:30~19:30
場所:静岡市青葉公園周辺 集まりましょう!金曜の夜に!

原発要らない掛川金曜行動
場所:JR掛川駅の北口
時間:毎週金曜日18:00〜18:30
事前連絡なしでどなたでもご参加いただけます。

『再稼働反対金曜アクショ ン@浜松』
浜松でも ≪拡散お願いします~~≫
『再稼働反対金曜アクショ ン@浜松』
日時:毎週金曜日18:30~19:30
場所:浜松駅北口キタラ(市民の木の辺りです)集まりましょう!金曜の夜に!
子どもが一番!愛情一番!命が一番!経済4番!原発いらない!
今週はタンバリンとかの鳴り物 持って来てね。

*どのアクションも主催者・団体はなく、市民が自然発生的に集まって行なっています。そのため、急遽中止になる可能性があるかもしれません。
*このイベント・アクションの主催は、STOP!浜岡原発ではありません。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

3/1「浜岡原発爆発 その時、三島と県東部では何が起きるのか」渡辺敦雄先生講演会(静岡県三島市)

渡辺敦雄氏(浜岡原発設計者・工学博士)講演
渡辺敦雄先生が、浜岡原発の巨大リスクをともに世間に訴えてきた盟友 県議選候補・古長谷氏の事務所開きの激励を兼ね、事務所開き直後に特別講演をいたします。浜岡過酷事故が起きたら、UPZ圏だけでなく、三島や県東部では何が起きるのか。まだ一度も行っていない講演です。静岡県、特に県東部に住む私達にとって知っておくべき貴重な情報となると思います。
■3月1日(日曜)午前11時~12時半 *入場無料・会場カンパ
■三島・Via701・2階ギャラリー
(本町タワーの数軒隣・広小路駅寄りの貸ホール・ギャラリー) 
 駅南口徒歩10分・広小路駅徒歩2分
■主催・自然エネルギー推進 静岡県東部の会
・水口055-971-7579(アステール)
・金原090-2579-3730
201503watanabekouen_web*このイベント・アクションの主催はSTOP!浜岡原発ではなく他団体です。お問い合わせは主催者に直接ご連絡下さい。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年1月)

静岡新聞 @SHIZUOKA避難先明示されず、市町困惑 原発事故想定の計画案(2016/1/28)

静岡新聞 @SHIZUOKA「ベント」3号機に搬入 28日から据え付け工事(2016/1/28)

静岡新聞 @SHIZUOKA 安定ヨウ素剤を事前配布 浜岡5キロ圏で新年度中に(2016/1/27)

静岡新聞 @SHIZUOKA 高速SAで汚染検査 全国初、2月浜岡事故避難訓練(2016/1/23)

静岡新聞 @SHIZUOKA 防潮堤点検が終了 浜岡原発で静岡県と御前崎市(2016/1/22)

静岡新聞 @SHIZUOKA 火山噴火リスク、原告側主張へ 浜岡原発訴訟控訴審(2016/1/22)

静岡新聞 @SHIZUOKA 空調火災原因、軸受けの損傷か 浜岡原発2号機(2016/1/19)

静岡新聞 @SHIZUOKA 「不確かさ」考慮、震源モデルM7.4浜岡4号機審査会合(2016/1/16)

静岡新聞 @SHIZUOKA 放射線学ぶクイズ形式の新展示 浜岡原子力館(2016/1/12)

静岡新聞 @SHIZUOKA 4号機敷地内断層「活動可能性なし」 中電、浜岡原発評価く(2016/1/9)

静岡新聞 @SHIZUOKA 火元の排気ファン 運転開始から使用 浜岡原発2号機(2016/1/8)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡原発で火災 空調の一部焼く(2016/1/7)

静岡新聞 @SHIZUOKA 中電社長、合格に自信 浜岡原発4号機の適合性審査(2016/1/4)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 中部電力, 原子力災害, 原発の安全と危険, 国内メディア・原発関連ニュース, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 東海地震, 浜岡原発 | 件のコメント

2/14『日本と原発4年後』上映会と河合弘之弁護士講演会「脱原発への戦略」(静岡県袋井市)

『日本と原発4年後』上映会と河合弘之弁護士講演会「脱原発への戦略」
時:2月14日(日)午後12時30分~4時半
所:袋井市西公民館ホール(袋井中学校の西。電話 43-3304 )
開催協力金 1,000円
映画「日本と原発 4年後」は監督・制作、河合弘之弁護士。構成・監修、海渡雄一弁護士により、昨年末完成しました。前作「日本と原発」の改訂版です。2時間18分。
監督・河合弘之弁護士のメッセージ
『「日本と原発4年後」自主上映会そのものが脱原発です。
「日本と原発 私たちは原発で幸せですか?」はおかげさまで大好評をいただき、この一年間で約1,000回(観客動員数約7万人)の自主上映がされました。
その改訂版の「日本と原発 4年後」は、ここ一年の大きな出来事(高浜原発差し止め仮処分、元東電役員の強制起訴など)、被ばくの問題、テロと原発の問題、推進派(近藤駿介氏、木本教子氏)の言い分等を入れました。日本の原発の全ての論点を論じ尽くしました。これを観た人は必ず脱原発を確信するようになります。
したがってこの自主上映そのものが脱原発運動になります。「脱原発運動のために何かしたいのだけれど何をしていいのか分からない」という人がいます。そのような方こそ自主上映運動をお願いします。
そして自主上映による上映料は次の映画「日本と自然エネルギー 未来からの光と風」の製作費に充てられます。その意味でも「日本と原発 4年後」の自主上映運動は「脱原発そして自然エネルギー」の推進そのものになるのです。皆様の強力なご協力をお願い申し上げます。平成27年12月吉日』 
*河合弘之弁護士プロフィール
1944年旧満州生まれ。1968年東京大学法学部卒業。1970年弁護士開業。さくら共同法律事務所所長。脱原発弁護団全国連絡会共同代表。福島原発告訴団弁護団代表。大飯・高浜原発差止仮処分弁護団共同代表。浜岡原発差止訴訟弁護団団長など、原発訴訟を多く手がける。映画「日本と原発」初監督。著書「東電株主代表訴訟 原発事故の経営責任を問う」「動かすな 原発 大飯原発地裁判決」「原発訴訟が社会を変える」など。
主催 浜岡原発を考える袋井の会 代表 松倉次郎 
問い合わせ 事務局 竹野昇 電話・ファックス 0538-43-3456

*このイベント・アクションの主催はSTOP!浜岡原発ではなく他団体です。お問い合わせは直接主催者にご連絡下さい。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年1〜2015年12月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年12月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年11月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年10月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年9月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年8月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年7月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年6月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年5月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年4月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年3月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年2月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年1月)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 原子力災害, 原発の安全と危険, 国内メディア・原発関連ニュース, 放射能、放射線、放射性物質, 日本の原発, 東海地震, 浜岡原子力館 | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年12月)

静岡新聞 @SHIZUOKA 一部試料で震災前超える 静岡県・環境放射線調査(2015/12/29)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡原発の防潮堤完成(2015/12/27)

静岡新聞 @SHIZUOKA 避難計画など県が回答 浜岡原発UPZ団体の質問書(2015/12/26)

静岡新聞 @SHIZUOKA 「浜岡と福島、類似」指摘 元技術者らNPOが冊子作成(2015/12/25)

静岡新聞 @SHIZUOKA 高浜再稼働容認 静岡県内関係者の反応は・・・(2015/12/25)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡原発安全協定 最終調整案合意、年明けに持ち越し(2015/12/25)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡5号機、健全性と基準対応並行 中電社長が工事計画(2015/12/23)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡避難計画、実効性求める 原発訴訟弁護団(2015/12/22)

静岡新聞 @SHIZUOKA 防潮堤の完成、中電「年度内」環安協で報告(2015/12/18)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡4号機、延焼対策不備180カ所(2015/12/16)

静岡新聞 @SHIZUOKA 腐食の圧力容器「継続使用可」中電、浜岡原発5号機評価(2015/12/15)

静岡新聞 @SHIZUOKA 原発立地市民、不安と要望今も 御前崎市が意見公表(2015/12/9)

静岡新聞 @SHIZUOKA 「最後の手段」準備着々 浜岡原発4号機ベント工事(2015/12/8)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡原発安全協定 首長会議「年内に」藤枝市長言及(2015/12/3)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 中部電力, 原子力災害, 原発の安全と危険, 国内メディア・原発関連ニュース, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 浜岡原発 | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2015年11月)

静岡新聞 @SHIZUOKA 静岡「受け入れ可否」示さず 「核のごみ」全国調査(2015/11/29)

静岡新聞 @SHIZUOKA 中電、4月から社内分社化 浜岡原発など含まず(2015/11/25)

静岡新聞 @SHIZUOKA 使用済み燃料貯蔵 静岡県に取り組み説明 中電(2015/11/25)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡再稼働に反対 市民グループ集会 静岡(2015/11/22)

静岡新聞 @SHIZUOKA 「浜岡再稼働認めないで」 静岡県に署名17万人分(2015/11/18)

静岡新聞 @SHIZUOKA ケーブル分離板に不適切な設置状況 浜岡4号機(2015/11/12)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡原発で蒸気漏れ 火災報知器が作動(2015/11/6)

静岡新聞 @SHIZUOKA 耐震設計めぐり「不適当」主張 浜岡廃炉訴訟で原告(2015/11/3)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 原子力災害, 原発の安全と危険, 国内メディア・原発関連ニュース, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 東海地震, 浜岡原発 | 件のコメント

「浜岡原子力発電所は、停止しておいた方が良い」52.5%(2015年牧ノ原市市民意識調査)

浜岡原発20キロ圏内が入る4市(御前崎市、掛川市、牧ノ原市、菊川市)では、市民に市政やその市の暮らしやすさについてアンケートを実施しています。
4市とも原発についての質問を設けています。
牧ノ原市では2015年の5月に、16歳以上の男女1,395人の市民を対象に実施しました。*1
「あなたは、浜岡原子力発電所の今後についてどう思いますか?あてはまるものに1つ○印をつけてください」という問いに対し、回答者の52.5%が「浜岡原子力発電所は、停止しておいた方が良い」を選択していました。*2

性別と年代別の回答の分析もされています。「浜岡原子力発電所は、停止しておいた方が良い」という回答が50%以上になっているのは50歳以上の人たちで、10代から40代では50%以下でした。*3

市民意識調査で浜岡原発についての問いを設けて下さったこと、その結果をホームページで公開して下さる牧ノ原市に感謝いたします。ありがとうございます❤

2015牧ノ原市問5
浜岡原発から20キロ圏内が入る4市の原発に関する市民調査結果:御前崎市牧ノ原市掛川市菊川市

*1: 牧ノ原市HP市民意識調査結果をお知らせします
*2: 牧ノ原市HP平成27年度牧ノ原市市民意識調査〜報告書〜<原子力発電について>
問5 あなたは、浜岡原子力発電所の今後についてどう思いますか?
あてはまるものに1つ○印をつけてください(17ページ)
*3: 牧ノ原市HP平成27年度牧ノ原市市民意識調査〜報告書〜クロス集計(18ページ)
カテゴリー: 中部電力, 原子力災害, 原発の安全と危険, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 浜岡原発 | 件のコメント

「浜岡原発を停止しておいた方が良い」54.9%(2015年菊川市市民アンケート)

浜岡原発20キロ圏内が入る4市(御前崎市掛川市牧ノ原市、菊川市)では、市民に市政やその市の暮らしやすさについてアンケートを実施しています。
4市とも原発についての質問を設けています。
菊川市では2015年の4月から5月にかけ、20歳以上の2,000人の市民を対象に実施しました。*1
「あなたは、浜岡原子力発電所の今後についてどう思いますか?」という問いに対し、回答者の54.9%が「浜岡原発を停止しておいた方が良い」を選択していました。*2

市民からの自由意見では、「浜岡原子力発電所の今後に関すること」が25件ありました。その中には、「事故が起きた場合のヨウ素剤の配備や避難先」、「使用済み核燃料の処理方法」などについての意見もありました。*3

市民アンケートで浜岡原発についての問いを設けて下さったこと、その結果をホームページで公開して下さる菊川市に感謝いたします。ありがとうございます❤

1

浜岡原発から20キロ圏内が入る4市の原発に関する市民調査結果:御前崎市牧ノ原市掛川市菊川市

*1: 菊川市HP市民アンケート
*2: 菊川市HP菊川市総合計画・行政評価 平成27年度市民アンケート調査結果、問12 あなたは、浜岡原子力発電所の今後についてどう思いますか。(1つだけ)
*3: 菊川市HP菊川市総合計画・行政評価 平成27年度市民アンケート調査結果、アンケート自由意見、●浜岡原子力発電所の今後に関すること(25件)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 原子力災害, 原発の安全と危険, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 東海地震, 浜岡原発 | 件のコメント

浜岡原発のある御前崎市の市民満足度調査

多くの地方自治体では、市民に対し意識調査を行っています。
浜岡原発20キロ圏内が入る4市(御前崎市、掛川市牧ノ原市菊川市)でもこうした調査を行っており、原発についての設問もあります。

浜岡原発のある御前崎市では、今年(2015年)は4月から5月にかけて20歳以上の市民2,000人を対象に実施しています。*1

御前崎市の調査の回答方法は「満足度」と「重要度」をそれぞれ5段階評価(満足、まあ満足、やや不満、不満、わからない)から1つ選択し、回答は「市民満足度調査分布図(総合)」で表しています。*2

満足度、重要度とも平均より高いエリア
満足度は平均より低く重要度は平均より高いエリア
満足度、重要度とも平均より低いエリア
満足度は平均より高く重要度は平均より低いエリア

御前崎市の原発に関する設問は「原子力発電に関する理解促進への取り組み(「7.市民協同と自立したまち」の設問38)です。この設問に対する市民の回答結果は「満足度は平均より低く重要度は平均より高いエリア」でした。

そして、「行政と一緒に取り組んでみたいこと」という設問の回答には、「原子力対策」も含まれていました。*3

また、市民の御前崎市への意見や要望も紹介されています。
原発に関しては、「原発と共存したまちづくり」「浜岡原発の完全廃止」「安全・安心を一人一人考えて行くべき・・・」などいろんな意見があることがわかりました。*4

原発についての調査項目を設け、その結果をホームページで公開して下さっている御前崎市に感謝いたします。ありがとうございます

1

浜岡原発から20キロ圏内が入る4市の原発に関する市民調査結果:御前崎市牧ノ原市掛川市菊川市

*1: 御前崎市ホームページ 「第 1 次御前崎市総合計画後期基本計画評価に伴う平成 27 年度 市民満足度調査結果」
*2: 御前崎市ホームページ 「第 1 次御前崎市総合計画後期基本計画評価に伴う平成 27 年度 市民満足度調査結果」(2、3ページ)
*3: 御前崎市ホームページ 「第 1 次御前崎市総合計画後期基本計画評価に伴う平成 27 年度 市民満足度調査結果」(6、10、11ページ)
*4: 御前崎市ホームページ  「第 1 次御前崎市総合計画後期基本計画評価に伴う平成 27 年度 市民満足度調査結果」(12ページ以降)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 中部電力, 原子力災害, 原発の安全と危険, 政治と行政, 日本の原発, 浜岡原発 | 件のコメント