6/24再稼働反対アクション(静岡市、掛川市、浜松市)

6/24再稼働反対アクション(静岡市、掛川市、浜松市)
≪拡散希望≫
*どのアクションも主催者・団体はなく、市民が自然発生的に集まって行なっています。そのため、急遽中止になる可能性があるかもしれません。
再稼働反対アクショ ン@静岡
日時:毎週金曜日18:30~19:30
場所:静岡市青葉公園周辺 集まりましょう!金曜の夜に!

原発要らない掛川金曜行動
場所:JR掛川駅の北口
時間:毎週金曜日18:00〜18:30
事前連絡なしでどなたでもご参加いただけます。

『再稼働反対金曜アクショ ン@浜松』
浜松でも ≪拡散お願いします~~≫
『再稼働反対金曜アクショ ン@浜松』
日時:毎週金曜日18:30~19:30
場所:浜松駅北口キタラ(市民の木の辺りです)集まりましょう!金曜の夜に!
子どもが一番!愛情一番!命が一番!経済4番!原発いらない!
今週はタンバリンとかの鳴り物 持って来てね。

*どのアクションも主催者・団体はなく、市民が自然発生的に集まって行なっています。そのため、急遽中止になる可能性があるかもしれません。
*このイベント・アクションの主催は、STOP!浜岡原発ではありません。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

9/17-19福島スタディツアー参加募集(静岡県袋井市発)

目的――東京電力福島第一原発事故で今もなお故郷に戻れず避難を強いられている福島の人々の状況を理解し、また現地が今どうなっているのか理解し、学んだことを戻ってから静岡の人々に伝え、浜岡再稼働阻止のため、UPZ市民団体交流会が主催し実施する。
1.期日 9月17(土)18(日)19日(敬老の日) 2泊3日
2.訪問先 二本松市浪江町旧平石小仮設住宅自治会・浪江町仮設役場・飯館村・請戸小・浪江町・希望の牧場・いわき市たらちね放射能測定室・佐藤和良元いわき市議・小名浜漁港、車窓見学(南相馬市小高区・双葉町・大熊町・富岡町など)
3.日程
17日 
6:30袋井市役所駐車場出発 
7:10菊川市役所 15:20浪江町仮設住宅自治会訪問・交流会 
17:00浪江町役場 山本邦一復興推進課長の説明を受ける 
18:30宿舎・男女共生センター 夕食
18日 
8:00宿舎出発 飯館村見学(長谷川健一さんの案内)
12:00道の駅南相馬 昼食  
13:20請戸小見学と浪江町(菅野千
代子さんの案内)  
14:30希望の牧場 吉沢さんのお話を聞く
15:10双葉町・大熊町・東電福島原発・富岡町・楢葉町・広野町 車窓見学
18:00 いわき新舞子ハイツ(温泉)宿泊 夕食を食べながら参加者交流会
19日 ホテル発8:30
9:00放射能測定室「たらちね」訪問
11:00 元いわき市議・福島原発告訴団・佐藤和良さんのお話を聞く
12:30小名浜漁港・昼食  
13:30いわき市出発
21:00菊川着  
21:30袋井着
4.費用(概算) バスは吉田観光の大型バス
40,000円(17日、19日昼食は各自)
5.焼津・静岡からの乗車も、参加者の状況を判断して検討します。
参加申し込み・問い合わせ  UPZ市民団体交流会 竹野昇
電話・ファックス 0538-43-3456
メール takecbf21369@nifty.com
携帯 090-3382-6826
*参加希望者は6月末日までに、氏名・住所・電話・メールアドレス(あれば)を記入して、ファックスまたはメールで竹野まで申し込んでください。定員40名まで可。
*このイベント・アクションの主催はSTOP!浜岡原発ではありません。お問い合わせは直接、主催者にご連絡下さい。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

7/31福島原発告訴団団長、武藤類子さん講演会「原発事故は終わらない」(静岡市)

福島原発告訴団団長、武藤類子さん講演会「原発事故は終わらない」
日時:7月31日(日)午後1時半~3時20分
場所:静岡労政会館6階大ホール
参加費:前売り500円 当日700円
『原発事故から5年余。帰還、復興、自立の名のもとに今、被害者は切り捨てられようとしている。 しかし原発サイトでは1日7000人の作業員が過酷な被曝労働を強いられ、除染のゴミは福島県内のいたるところに積み上げられている。子どもたちの甲状腺がんとその疑いは166人となるが、制度としての被曝低減策は何も無い。事故は何一つ終わっていない。』
武藤 類子 (むとう るいこ)さん の プロフィール:
1953年福島県生まれ。福島県三春町在住。和光大学卒業後、版下職人、養護学校教員を経て、2003年に里山喫茶「燦」を開店。チェルノブイリ原発事故を機に反原発運動にかかわる。福島第一原発事故発生以来、住民や避難者の人権と健康を守る活動に奔走している。現在、「ハイロアクション福島」事務局、福島原発告訴団団長。著書に『福島からあなたへ』(大月書店)、『どんぐりの森から』(緑風出版)がある。2013 年12月、「第9回女性人権活動奨励賞(やより賞)」を受賞。
主催: 浜岡原発の再稼働を許さないネットワーク
連絡先 420-0068 静岡市葵区田町3-5-6 浜ネッ 連絡先 
Tel 054-271-7302 fax 054-271-7339 ト気付 
チラシ*このイベント・アクションの主催はSTOP!浜岡原発ではありません。お問い合わせは直接、主催者にご連絡下さい。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年5月)

静岡新聞@SHIZUOKA 安全協定合意へ最終調整 浜岡原発31キロ圏内(2016/5/27)

静岡新聞@SHIZUOKA 「浜岡停止を」47% 牧之原市市民調査、初の過半数割れ(2016/5/27)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発の高レベル廃棄物 川勝知事「敷地内で処分を」(2016/5/25)

静岡新聞@SHIZUOKA 原発、科学者議論発信を 浜岡題材に意見交換(2016/5/23)

静岡新聞@SHIZUOKA ドキュメンタリー、原告側が廷内上映 浜岡原発訴訟(2016/5/20)

静岡新聞@SHIZUOKA 5首長「再稼働、市町同意必要」 浜岡原発31キロ圏アンケート(2016/5/13)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡事故時拠点 静岡県「原子力防災センター」公開(2016/5/12)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発建設、住民組織葛藤 立教大、元会長メモなど公開(2016/5/12)

静岡新聞@SHIZUOKA 再稼働「できる状態にない」浜岡原発、川勝知事が持論(2016/5/11)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発を漫画で紹介 御前崎市、HPで公開(2016/5/10)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 中部電力, 原子力災害, 原発の安全と危険, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 東海地震 | 件のコメント

5/19原発映画『日本と原発4年後」上映会(静岡市)

原発映画『日本と原発4年後』上映会のお知らせ
とき:5月19日(木) 14時~と18時~の2回
14時からの上映会に早く30分の河合弁護士の講演が入ります。
ところ:静岡労政会館6階大ホール
参加費:700円
主催:浜岡原発を考える静岡ネットワーク(浜ネット)
連絡先:浜ネット代表 鈴木卓馬携帯 090-2687-9376
事務所:054-271-7302ちらし表ちらし裏
*このイベント・アクションの主催はSTOP!浜岡原発ではなく他団体です。お問い合わせは直接主催者にご連絡下さい。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年4月)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発3訴訟長期化「まだ5合目」 関心の低下危惧(2016/4/30)

静岡新聞@SHIZUOKA 災害時の原発「被害なくても常に情報発信」 中電社長見解(2016/4/29)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発乾式貯蔵 2018年度内の運用「困難」(2016/4/29)

静岡新聞@SHIZUOKA 代替施設の整備遅れ 浜岡など原発事故時の対策拠点(2016/4/26)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発の建設巡る資料など公開 立教大(2016/4/22)

静岡新聞@SHIZUOKA 耐震設計重視で審査 浜岡など沸騰水型原発 規制委方針(2016/4/22)

静岡新聞@SHIZUOKA 中電「評価方法検討中」浜岡5号機健全性、規制委が判断保留(2016/4/14)

静岡新聞@SHIZUOKA 規制委が評価保留 海水流入の浜岡原発5号機(2016/4/13)

静岡新聞@SHIZUOKA パッキンの傷原因か 浜岡原発3号機 発電機油漏れ(2016/4/13)

静岡新聞@SHIZUOKA 圧力抑制室に破片 浜岡3号機、非常用電源から油漏れ(2016/4/12)

静岡新聞@SHIZUOKA フィルター一部破損 浜岡3号機・格納容器内(2016/4/9) 

静岡新聞@SHIZUOKA 防潮堤完成も残る課題 浜岡原発、規制委の審査継続(2016/4/1)

静岡新聞@SHIZUOKA 5電力並行で審査 浜岡など、沸騰水型原発6基(2016/4/1)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発重大事故時 94万人の避難先都県名提示(2016/4/1)

静岡新聞@SHIZUOKA <浜岡原発避難計画>31キロ圏市町 評価分かれる(2016/4/1)

静岡新聞@SHIZUOKA <浜岡原発避難計画>浜岡原発訴訟の原告代理人は非難(2016/4/1)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 中部電力, 原子力災害, 原発の安全と危険, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 東海地震, 浜岡原発 | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年3月)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発事故の避難計画公表 94万人、静岡県内と7都県へ(2016/3/31)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発の防潮堤完成 津波対策、4年4カ月かけ(2016/3/31)

静岡新聞@SHIZUOKA ケーブル不適切528カ所 浜岡原発3~5号機(2016/3/31)

静岡新聞@SHIZUOKA 解釈書に「事前了解」規定 UPZ7市町の浜岡原発安全協定案(2016/3/30)

静岡新聞@SHIZUOKA 放射能調査16カ所増加 浜岡原発周辺、静岡県が方針(2016/3/30)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発UPZ7市町協定案 4月にも最終確認へ(2016/3/26)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発3号機の高経年化評価、8月終了 稼働30年前(2016/3/25)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡、強度評価誤り 原子炉内機器、健全性に影響なし(2016/3/25)

静岡新聞@SHIZUOKA 「浜岡再稼働なら値下げ」 中電社長、時期には触れず(2016/3/24)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発4号機、浸水対策を点検 静岡県と御前崎市(2016/3/24)

静岡新聞@SHIZUOKA <浜岡原発>島田市が広域避難計画公表 静岡県内初(2016/3/22)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡重大事故、住民避難前に観光客退避 静岡県が計画案修正(2016/3/12)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発所長が強調「安全対策努める」高浜差し止めで見解(2016/3/11)

静岡新聞@SHIZUOKA <高浜運転差し止め>浜岡原発の地元 評価割れる(2016/3/10)

静岡新聞@SHIZUOKA <高浜運転差し止め>浜岡原発訴訟 原告団「勇気もらえる」(2016/3/10)

静岡新聞@SHIZUOKA <高浜運転差し止め>川勝知事「今後の推移注視」(2016/3/10)

静岡新聞@SHIZUOKA 原子炉破損を想定 緊急事態対応へ訓練 浜岡原発(2016/3/3)

静岡新聞@SHIZUOKA セシウムの最大値、2種で震災前超え 浜岡原発周辺(2016/3/1)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 中部電力, 原子力災害, 原発の安全と危険, 国内メディア・原発関連ニュース, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 東海地震, 浜岡原発 | 件のコメント

3.11あの日を忘れない東日本大震災から5年

3月9日から20日まで、掛川市市立中央図書館で、「3.11あの日を忘れない東日本大震災から5年」パネル展・防災講座と管野千代子氏「福島県飯館村の暮らし」写真展が開催されました。主催は、掛川市中央図書館です。

IMG_0240私は、知人と一緒にこのパネル展と写真展に行きました。一緒に行った知人は、2年前にご主人の転勤で掛川に引っ越してこられましたが、東日本大震災が起きた時は、福島市に住んでいました。また、飯館村には何度も行かれたことがあり、管野さんの写真を見ながら、飯館村がどんなに美しく、良い村だったかをお話して下さいました。現在、飯館村は、放射線量に応じて、帰還困難区域、居住制限区域及び避難指示解除準備区域に分かれています。*1

そして、ご自身が被災された経験から、「お風呂のお湯は、次にお風呂に入るまでお湯を抜かないこと(断水してもお風呂の残り湯でトイレの水を流せる)。野菜の冷凍食品を冷凍庫にストックしておいた方が良い(冷凍食品の野菜があると、スーパーで生鮮食品が買えなくても野菜を摂取することができる)」など、ご自身が被災された経験に基づいた備えについて教えて下さいました。

IMG_0237掛川市と市民の被災支援活動記録、岩手県の津波被害の写真、防災用品なども展示されており、地震、原発事故、防災について改めて考えさせられました。

IMG_0247_2管野千代子さんの写真展は、3年前にも掛川市で開催されています。主催者を変え、今回また掛川市で写真展が行われたことに感謝します。

*1:飯館村ホームページ、避難指示区域の立入・通過について

 

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 他団体のアクション&お知らせ, 放射能、放射線、放射性物質, 日本の原発, 東日本大震災・東京電力福島第一原発 | 件のコメント

3/9-20「311あの日を忘れない東日本大震災から5年、飯館村写真展・防災講座」(静岡県掛川市)

■パネル展
管野千代子写真展「福島県飯館村の暮らし」
とき:2016年3月9日(水)〜20日(日)
*14日(月)は休刊日となります。
場所:掛川市中央図書館生涯学習ホール(掛川市1148番地の1)
■防災講座
日時:2016年3月13日(日)午後1時半〜午後4時
会場:掛川市中央図書館地下会議室
内容:
-WAKUWAKU西郷「見聞録考 高校生からの減災メッセージ」
-ほんわかブッククラブによる朗読会
-危機管理課「掛川市の−震災支援の状況・被災地支援報告」「家庭の避難計画作成について」
*申し込み不要。直接会場にお越し下さい。天理教駐車場をご利用下さい。
主催:掛川市図書館
お問い合わせ:0537−24−5921(掛川市中央図書館)311表ちらし311裏ちらし
*このイベント・アクションの主催はSTOP!浜岡原発ではありません。お問い合わせは直接主催者にご連絡下さい。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発ニュース(2016年2月)

静岡新聞@SHIZUOKA 広域避難計画で川勝知事に要望 浜岡原発の市民団体(2016/2/26)

静岡新聞@SHIZUOKA 原発事故の避難先「できる限り県内」 川勝知事会見(2016/2/25)

静岡新聞@SHIZUOKA 中電社長「白紙でない」 浜岡6号機新設記載見送り(2016/2/24)

静岡新聞@SHIZUOKA <浜岡6号機見送り>御前崎市や県、冷静に受け止め(2016/2/19)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡6号機新設の記載見送り 中電、新経営指針(2016/2/19)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発1、2号機 廃炉「第2段階」開始(2016/2/16)

静岡新聞 @SHIZUOKA 受け入れ都県と訓練を 浜岡原発の広域避難計画案検討(2016/2/10)

静岡新聞 @SHIZUOKA 核燃料税交付金 浜岡原発周辺市町への配分見送り(2016/2/7)

静岡新聞 @SHIZUOKA 排気ファン火災、中電が県に説明 浜岡原発2号機(2016/2/5)

静岡新聞 @SHIZUOKA 放射性廃棄物の仮置き認可 浜岡1、2号機廃炉計画変更(2016/2/4)

静岡新聞 @SHIZUOKA <浜岡・防災実動訓練>屋内退避「すし詰め」 福祉施設や病院(2016/2/4)

静岡新聞 @SHIZUOKA 避難退域時検査で課題指摘 浜岡原発・防災実動訓練(2016/2/4)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡原発事故想定し避難訓練 新東名静岡SAでスクリーニング(2016/2/3)

静岡新聞 @SHIZUOKA 燃料集合体の管「異常なし」報告 浜岡原発(2016/2/2)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 中部電力, 原子力災害, 原発の安全と危険, 国内メディア・原発関連ニュース, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 浜岡原子力館, 浜岡原発 | 件のコメント