4/18再稼働反対アクション(静岡市、掛川市、浜松市)

4/18再稼働反対アクション(静岡市、掛川市、浜松市、富士宮市)
≪拡散希望≫
*どのアクションも主催者・団体はなく、市民が自然発生的に集まって行なっています。そのため、急遽中止になる可能性があるかもしれません。
再稼働反対アクショ ン@静岡
日時:毎週金曜日18:30~19:30
場所:静岡市青葉公園周辺 集まりましょう!金曜の夜に!

原発要らない掛川金曜行動
場所:JR掛川駅の北口
時間:毎週金曜日18:00〜18:30
事前連絡なしでどなたでもご参加いただけます。

『再稼働反対金曜アクショ ン@浜松』
浜松でも ≪拡散お願いします~~≫
『再稼働反対金曜アクショ ン@浜松』
日時:毎週金曜日18:30~19:30
場所:浜松駅北口キタラ(市民の木の辺りです)集まりましょう!金曜の夜に!
子どもが一番!愛情一番!命が一番!経済4番!原発いらない!
今週はタンバリンとかの鳴り物 持って来てね。

*どのアクションも主催者・団体はなく、市民が自然発生的に集まって行なっています。そのため、急遽中止になる可能性があるかもしれません。
*このイベント・アクションの主催は、STOP!浜岡原発ではありません。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」 

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%  

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

4/18「ちょっと待って! 日本からトルコへの原発輸出~トルコの社会と文化を知るために~ 」(大阪)

4月19日(土)13:30~16:30(13時開場)
市民交流センターよどがわ 106号室
日・トルコ原子力協定、衆議院可決に抗議します!
日本からトルコへの原発輸出が進められようとしています。でも、福島原発事故のニュースをよく知るトルコの人々は、原発建設に反対しています。
私たちは、日本から原発が輸出されようとしている国のことをほとんど知りません。どのような社会状況の中で人々がどのように暮らしているのかを知るところから、原発輸出の問題性について考えてみたいと思います。
大阪大学のアブドゥルラッハマン ギュルベヤズさんをお招きし、トルコの政治と社会と文化についてうかがいます。トルコ音楽の演奏もあります。
*アブドゥルラッハマン ギュルベヤズ (Abdurrahman Gülbeyaz)
トルコ・イスケンデルン生まれ。1976 年から1992 年まで、イスタンブール、アンカラ、ハンブルグで舞踏家・舞踏教師、音楽家として活動。その後、ヨーロッパで音楽家(東地中海伝統弦楽器・打楽器演奏者)として活動する。2003 年以降、日本でも音楽会や講演会で演奏、音楽を教授。2006 年から大阪外国語大学で非常勤講師として勤務、2010 年から大阪大学世界言語研究センターに所属し現在同大学准教授。
市民交流センターよどがわ ◆JR東西線「加島駅」1番出口より東へ650m
◆梅田・十三より市バス「神崎橋」「加島駅前」行き、または阪急バス
「加島駅」「阪急塚口」「西川」行きで「加島中」下車、南へ250m
※JR加島駅・バス停加島中からは黄色い方向案内板を目印にお越しください。
※駐車場はありません 
参加費700円(学生300円)
詳細は⇒こちら
主催:ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン 連絡先:080-6174-8358(佐藤)
*このイベント・アクションの主催はSTOP!浜岡原発ではなく他団体です。お問合せは直接主催者にご連絡下さい。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

5/3ケニアストリートチルドレン支援のお話を聞く会(静岡県掛川市)

松下照美さんは、1996年にケニアに移住し、ケニアでストリートチルドレンの支援を開始されました。1999年にはモヨ・チルドレン・センターを設立し、以降孤児院の運営もされています。
昨年6月の「知ってよ、ぼくたちのくらしケニアストリートチルドレン」に引き続き、松下さんの一時帰国に合わせ、今年も松下さんのお話を聞く会を開催いたします。
ぜひご参加下さい。
日時:2016年5月3日(土)1:30〜3:30(開場1:00〜)
場所:静岡県掛川市生涯学習センター第二会議室(1階)〒436-0068 掛川市御所原17−1 TEL 0537-24-7777
参加費:無料
*当日開場ではこのお話しを聞く会の経費のカンバと松下さんの活動のための寄付を募ります。
定員:40名
*事前連絡は不要です。当日は定員になり次第締め切らさせていただきます。
お問合せ:E-mail: kakegawamirai@gmail.com 
TEL:土日のみ090-4401-8774
*平日日中は仕事のため電話に出ることができません。
主催:ケニアストリートチルドレンお話を聞く会実行委員会
詳細は⇒こちら
*このイベント・アクションの主催はSTOP!浜岡原発ではなく他団体です。お問合せは直接主催者にご連絡下さい。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

4/22原発講演会 浜岡原発の危険性について(静岡県伊東市)

講師:渡辺敦雄氏
演題:『浜岡原発の危険性について』
日時:4月22日 (火)  
開場18:00~  開演18:30
場所:ひぐらし会館・ホール    
*参加費/500円
生涯学習センターひぐらし会館
(伊東市桜木町1-1-17 TEL 0557-38-1511)
*主催:浜岡原発の危険性を学ぶ講演会実行委員会
EーMail: saknrgoskussi@uv.tnc.ne.jp
*このイベント・アクションの主催はSTOP!浜岡原発ではなく他団体です。お問合せは直接主催者にご連絡下さい。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連ニュース(2014年3月)

静岡新聞 @SHIZUOKA UPZ7市町、安全協定へ協議要請 中電、前向き姿勢 (2014/3/29)

静岡新聞 @SHIZUOKA 給水ポンプ駆動機器4カ所ひび 浜岡3、4号機 (2014/3/29)

jiji com タービン4カ所ひび=浜岡原発3、4号機-中部電 (2014/03/28)

静岡新聞 @SHIZUOKA 放射性廃棄物減少へ 京大実験所研究採択 (2014/3/26)

静岡新聞 @SHIZUOKA 「基準津波」で主張対立 浜岡運転差し止め訴訟控訴審 (2014/3/21)

静岡新聞 @SHIZUOKA 海水混入時の状況、外部委員会に説明 中電 (2014/3/19)

静岡新聞 @SHIZUOKA 中部電力、浜岡4号機審査など説明 御前崎市議会 (2014/3/18)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡4号機審査資料 4市全戸に送付 中部電力 (2014/3/18)

静岡新聞 @SHIZUOKA 早期廃炉求める 吉田町長「不安払しょくできず」 (2014/3/14)

静岡新聞 @SHIZUOKA UPZ5市2町安全協定へ 28日、中電に申し入れ (2014/3/13)

静岡新聞 @SHIZUOKA 県の原発事故避難シミュレーション 結果公表へ (2014/3/13)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡廃炉を要望 県内57市民団体 (2014/3/12)

静岡新聞 @SHIZUOKA 「原発反対」と気勢 静岡で200人行進 (2014/3/12)

静岡新聞 @SHIZUOKA 原発県民投票が争点に 来春の県議選、知事が見通し (2014/3/9)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡4号機審査 知事、25論点の説明に注目 (2014/3/8)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡2号機が7日から施設定期検査 (2014/3/7)

静岡新聞 @SHIZUOKA 論点25項目を提示 浜岡4号機審査で規制委会合 (2014/3/6)

静岡新聞 @SHIZUOKA 防潮堤の補強部分を点検 県と御前崎市 (2014/3/5)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」 

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%  

カテゴリー: 原発の安全と危険, 政治と行政, 日本の原発, 東海地震, 浜岡原発 | 件のコメント

浜岡原発のテロ防止対策

9月にドイツ人ジャーナリストのアンドレアスさんを、浜岡原子力館にご案内した時、以前と雰囲気が違っていることに気が付きました。それは、館内に警備の男性たちがたくさんいることです。警備の男性たちは中部電力の職員ではなく、警備会社の人たちのようです。

以前は、浜岡原子力館の展望台から、浜岡原発や周辺の住宅地の写真を撮ることは問題がありませんでした。ジャーナリストのアンドレアスさんが写真を撮ろうとすると、警備の方に写真撮影を止められました。警備の方の話によると、テロ防止対策のために写真撮影が禁止になったそうです。

原発はテロの標的になる可能性があるので、テロ防止対策は大切です。海から、空から、地上からのテロ防止対策を講じ、そしても浜岡原発は運転停止継続し廃炉になってほしいです。

CIMG2650

写真:浜岡原発の取水塔

中部電力HP、お客様の声 その他
原子力発電所のテロ対策はどうなっていますか?
浜岡原子力館

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」 

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%  

カテゴリー: 浜岡原子力館, 浜岡原発, 海外メディア・原発関連ニュース | 件のコメント

署名のお願い「希望するすべての人に放射能健康診断を!」

3.7Omote3.7Ura詳細・署名用紙は⇒こちら
*このイベント・アクションの主催はSTOP!浜岡原発ではなく他団体です。お問合せは直接主催者にお問合せ下さい。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」 

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%  

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

3.11福島を忘れない

3月9日に掛川市でイベント「福島を忘れない」が実施されました。
主催は、掛川市の主婦のグループ「女性の目線で考えるまちづくりの会」です。
私は、STOP!浜岡原発とは全く関係なく掛川市の一主婦としてこのイベントに参加させてもらいました。また、このイベントは原発の是非を問うものではなく、「福島の人たちに寄り添う」というテーマで企画されました。

1写真家の菅野千代子さんの写真の展示をし、語り部の吉川裕子さんにお話をしていただきました。菅野さんも吉川さんも東京第一原発事故以前は、福島県浪江町に住んでいらっしゃいました。原発事故により菅野さんは福島市の借り上げ住宅に、吉川さんは大阪に避難されました。

菅野さんは原発事故前、日本一美しい村と呼ばれる「飯舘村」に通い、人々の日々の暮らしを撮影されていました。人々からは笑顔がこぼれ、自然と共に暮らす人々の心豊かな日々の暮らしが伝わる写真ばかりです。しかし、原発事故によりこうした暮らしは全て失われてしまったのです。4

吉川さんは、震災当時から大阪での避難生活についてお話して下さいました。
原発事故当時、電力会社、国、県から何も知らされなかったこと、避難先での放射能・避難生活者であることが原因の差別、故郷に帰りたくても帰れない現実、避難者と福島に残った人たちの間の心の溝…
「がんばれと言われることが一番辛い、がんばれより一緒にがんばろうと言ってほしいです。一日何もなく過ごせること、自分の家で布団の枕で眠れることが一番の幸せです。
地震が起きた時、避難場所、防災グッズなど、家族や地域の人たちとぜひ話し合って下さい。私たちの辛い経験を二度と他の人が味わってほしくありません」
最後に吉川さんが言われた言葉です。

3一主婦として大したことはできませんが、福島の人たちのために自分にできることをしていきたいと思います。

吉川さん、菅野さん、写真展事務局の本田さん、ご来場下さった皆さま、取材して下さった報道機関の皆さま、本当にありがとうございます。
また多くの方々から、吉川さんの活動(福島からの避難している子どもたちへの活動)、菅野さんの活動(写真展全国巡回)、「女性の目線で考えるまちづくりの会」ご寄付もいただきました。

2嬉しい事に、掛川市の松井三郎市長が来て下さったのです(公務ではなく私的なご参加です)!急なお願いにも関わらず、ご挨拶もして下さいました。市民の活動にも関心を持って下さる、松井市長に主催者一同大感激でした。松井市長、本当にありがとうございます。

 

このイベントを一緒に企画・実施した掛川市の主婦の皆さんに心から感謝です

菅野さんの写真展は、掛川市の中東遠総合医療センター内の絵画の小径で3月1日〜7日まで展示され、3月7日は菅野さんのギャラリートークが掛川市の大須賀で実施されました。関係者の皆さまありがとうございます。

静岡新聞2014年3月9日被災地福島忘れないで 
YAHOOニュース 被災地福島、忘れないで 掛川で語り部
@S[アットエス] by 静岡新聞 3月9日(日)8時32分配信

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」 

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%  

カテゴリー: 他団体のアクション&お知らせ, 原子力災害, 原発の安全と危険, 子ども、お母さん、女性ネットワーク, 東日本大震災・東京電力福島第一原発 | 件のコメント

3.11を忘れないin静岡(街頭募金活動&賛同者募集)

福島の子どもたちの健康を応援します。
『福島子ども支援・街頭募金』
私たちは、未来を担う子どもたちの健やかな成長を願い、静岡の地から、募金活動を通じて福島の子どもたちに思いを届ける活動を続けています。
【活動内容】街頭募金活動
(尚、今回の募金は、福島の保育園・幼稚園へ野菜や果物を贈る予 定です。)
【日時】3月11日(火)12:30~15:00
 ※6月11日・9月11日・12月11日(以降3か月おきを予定)
【場所】静岡市葵区 青葉シンボルロード
【主催】3.11を忘れないin静岡
【呼びかけ団体】
・静岡放射能汚染測定室 HP:http://sokuteisitu.plumfield9905.jp/
・支援交流「虹っ子」 HP:http://nijikko.comi.in/
・福島子ども支援基金  ブログ:http://wakupic.eshizuoka.jp/
・緑の党しずおか FBページ https://www.facebook.com/greensjapanshizuoka/timeline
3.11を忘れないin静岡13.11を忘れないin静岡2*このイベント・アクションの主催はSTOP!浜岡原発ではなく他団体です。お問合せは直接主催者にご連絡下さい。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」 

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%  

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連ニュース(2014年2月)

静岡新聞 @SHIZUOKA 防潮堤の補強部分を点検 県と御前崎市 (2014/3/5)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡4号機の規制委審査 中電社長「真摯に対応」 (2014/2/28)

静岡新聞 @SHIZUOKA 「基準適合判断は専門家の領域」民主調査会が視察 (2014/2/28)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡4号機審査入り 地震、津波対策を重視 (2014/2/27)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡2号機 全使用済み燃料搬出 (2014/2/27)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡4号機審査入り 地震、津波対策を重視 (2014/2/27)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡4号機、27日審査開始 原子力規制委(2014/2/26)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡原発・7市町安全協定 「県も参画」知事が方針(2014/2/26)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡申請内容の書面提出求める 高裁が中電に (2014/2/21)

静岡新聞 @SHIZUOKA 第7次原告を募集 廃炉訴訟 (2014/2/20)

静岡新聞 @SHIZUOKA 申請受け、4号機の審査チームを新設 規制委 (2014/2/19)

静岡新聞 @SHIZUOKA 非常用発電機の内部に破片確認 浜岡5号機 (2014/2/18)

静岡新聞 @SHIZUOKA 安全協定、内容これから 浜岡UPZ7市町 (2014/2/18)

静岡新聞 UPZ7市町、中電と安全協定締結へ 首長ら合意 @SHIZUOKA (2014/2/17)

静岡新聞 @SHIZUOKA 中電に相次ぎ抗議 反原発団体、訴訟弁護団 (2014/2/15)

静岡新聞 @SHIZUOKA 〔適合性審査〕中電、見直し重ねる (2014/2/15)

静岡新聞 @SHIZUOKA〔適合性審査〕地元市長、再稼働には厳しい声 (2014/2/15)

静岡新聞 @SHIZUOKA 〔適合性審査〕県、学術会議で検証へ(2014/2/15)

静岡新聞 @SHIZUOKA 〔適合性審査〕中電が申請内容説明 地元は冷静反応(2014/2/15)

静岡新聞 @SHIZUOKA 〔適合性審査〕「現状で再稼働無理」 川勝知事、申請は容認(2014/2/15)

静岡新聞 @SHIZUOKA 〔浜岡適合性審査〕〔浜岡適合性審査〕御前崎市長「再稼働は別」(2014/2/14)

静岡新聞 @SHIZUOKA 〔浜岡適合性審査〕安全対策どう評価 M9.6、H断層系焦点 (2014/2/14)

静岡新聞 @SHIZUOKA 〔浜岡適合性審査〕県危機管理監「安全性増す対策」 (2014/2/14)

静岡新聞 @SHIZUOKA 〔浜岡適合性審査〕中電、地元に内容説明へ (2014/2/14)

静岡新聞 @SHIZUOKA 〔浜岡適合性審査〕申請後の見通し立たず (2014/2/14)

静岡新聞 @SHIZUOKA 4号機、適合性審査申請 中電、再稼働を視野 (2014/2/14)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡原発の安全審査申請「歓迎」JR東海社長 (2014/2/14)

静岡新聞 @SHIZUOKA 全電源喪失、対応を確認 県、原子力防災訓練 (2014/2/13)

静岡新聞 @SHIZUOKA 〔原子力防災訓練〕PAZ内の老人ホームで初訓練 (2014/2/13)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡安全審査申請の中止求める 緑の党と市民有志 (2014/2/13)

静岡新聞 @SHIZUOKA 安全審査申請「再稼働直結せず」中電、菊川市に文書 (2014/2/7)

静岡新聞 @SHIZUOKA 休日態勢の初動確認 浜岡原発で原子力災害訓練 (2014/2/7)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡4号機安全審査 中部電力、14日にも申請 (2014/2/6)

静岡新聞 @SHIZUOKA 〔4号機安全審査〕県危機管理監「中電の説明なし」 (2014/2/6)

静岡新聞 @SHIZUOKA 浜岡5号機発電機、県庁で改善策説明 中電 (2014/2/4)

静岡新聞 @SHIZUOKA ミス防止へ情報共有徹底 中電が対策発表 (2014/2/4)

静岡新聞 @SHIZUOKA 一部試料の放射能、震災前変動幅超過 県調査 (2014/2/1)

静岡新聞 @SHIZUOKA 4号機の審査 中電社長「年度内申請」強調 (2014/2/1)

 

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」 

STOP!浜岡原発グッズを買って脱原発!こちら
イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら
クリーンで安全な代替エネルギー推進&浜岡原発廃炉こちら
浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%  

カテゴリー: 国内メディア・原発関連ニュース, 政治と行政, 日本の原発, 東海地震, 浜岡原発 | 件のコメント