1/29三上元・前湖西市長講演会(静岡県袋井市)

日時:1月29日(日)午後2時30分~4時30分
入場は無料です。
会場:袋井市南公民館1階ホール(中央公民館に併設)駐車場有。袋井駅から徒歩7分
演題 『 脱原発―今までの私の発言と行動―そしてこれから 』
  1 2001年9月11日のアメリカの旅客機乗っ取りテロ
  2 2011年3月11日の福島原発事故
  3 2016年新潟県知事選挙と柏崎1300人満席集会
  4 2017年 自由人三上元の活動
  5 これからの脱原発の運動をどうするか?
*三上元さんプロフィール
1945年、新所原村(現湖西市)医師三上代治郎の孫として生まれる。浜松北高、慶応大卒。1968~83年、西友ストアー入社。営業企画課長、上石神井店長。3年間西友労組中央副委員長(専従)。80年、アメリカシカゴのジェルフードストアで研修。
1983~98年、船井総合研究所入社、94年取締役。各地の町づくりや企業の活性化に参画。
1998~2004年、自由人宣言して船井総合研究所取締役辞任。(株)英語村、浜名湖義塾、プチホテルベロ浜名湖設立。経営者と社会運動を主体とした人生へ転換。
2004~16年、湖西市長を三期務め、12月任期満了により退職。自由人三上元として、ブログで脱原発に関係する意見や情報発信を継続している。
原発に関しては、福島原発直後の2011年4月静岡県市長会議で、「浜岡原発の停止」を要請。これは菅直人元首相の停止要請よりも早く、恐らく日本の首長で一番早い停止要請発言です。
2012年4月、「脱原発首長会議」を世話人の一人として設立。市長退職後も世話人を継続し、経済界にも原発はコストの面からもやめるべきだと、精力的に脱原発を訴えている。
*三上元さんは、プロフィールにありますように様々な体験・経歴をお持ちであり、示唆に富んだ興味深いお話をうかがえるものと確信します。質疑応答の時間もあります。是非お出かけください。
主催 浜岡原発を考える袋井の会  代表 松倉次郎(袋井動物病院院長)
問い合わせ 事務局 竹野昇 電話 0538-43-3456
*このイベント・アクションはSTOP!浜岡原発の主催ではありません。お問い合わせは直接主催者にご連絡下さい。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年1〜2016年12月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年12月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年11月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年10月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年9月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年8月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年7月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年6月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年5月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年4月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年3月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年2月)

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年1月)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 中部電力, 原子力災害, 原発の安全と危険, 国内メディア・原発関連ニュース, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 東海地震, 浜岡原発 | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年12月)

静岡新聞@SHIZUOKA 御前崎60%、牧之原69% 浜岡原発5キロ圏 ヨウ素剤配布(2016/12/27)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発3号機 異物回収ほぼ完了(2016/12/27)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発の複合災害対応、国に明確化要望 静岡県(2016/12/22)

静岡新聞@SHIZUOKA 格納容器透過研究、機材交換を公開 浜岡原発2号機(2016/12/17)

静岡新聞@SHIZUOKA 「原子力心配」55% 中電、浜岡の地元4市で調査(2016/12/15)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発の再稼働 市民グループ、知事に不同意要請(2016/12/14)

静岡新聞@SHIZUOKA 4試料震災前超え 浜岡原発周辺、環境放射能調査(2016/12/1)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 中部電力, 原発の安全と危険, 国内メディア・原発関連ニュース, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 東海地震, 浜岡原発 | 件のコメント

12/30再稼働反対アクション(静岡市、掛川市、浜松市)

12/30再稼働反対アクション(静岡市、掛川市、浜松市)
≪拡散希望≫
*どのアクションも主催者・団体はなく、市民が自然発生的に集まって行なっています。そのため、急遽中止になる可能性があるかもしれません。
再稼働反対アクショ ン@静岡
日時:毎週金曜日18:30~19:30
場所:静岡市青葉公園周辺 集まりましょう!金曜の夜に!

原発要らない掛川金曜行動
場所:JR掛川駅の北口
時間:毎週金曜日18:00〜18:30
事前連絡なしでどなたでもご参加いただけます。

『再稼働反対金曜アクショ ン@浜松』
浜松でも ≪拡散お願いします~~≫
『再稼働反対金曜アクショ ン@浜松』
日時:毎週金曜日18:30~19:30
場所:浜松駅北口キタラ(市民の木の辺りです)集まりましょう!金曜の夜に!
子どもが一番!愛情一番!命が一番!経済4番!原発いらない!
今週はタンバリンとかの鳴り物 持って来てね。

*どのアクションも主催者・団体はなく、市民が自然発生的に集まって行なっています。そのため、急遽中止になる可能性があるかもしれません。
*このイベント・アクションの主催は、STOP!浜岡原発ではありません。

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: お知らせ, 他団体のアクション&お知らせ | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年11月)

静岡新聞@SHIZUOKA ヨウ素剤配布7割 牧之原の浜岡原発5キロ圏(2016/11/30)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡3号機配管内 ワイヤブラシ混入(2016/11/30)

静岡新聞@SHIZUOKA 「電源も水も供給可能」浜岡の燃料プール、中電社長が強調(2016/11/23)

静岡新聞@SHIZUOKA 12月下旬に審査可 浜岡4号機の耐震設計 中電(2016/11/18)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡4号機で火災報知器作動 溶接作業ミスか(2016/11/15)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発廃炉訴訟 第9次、併合審理に 地裁浜松支部(2016/11/15)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡4号機、新たな異物すべて回収(2016/11/12)

静岡新聞@SHIZUOKA 海外の研究者ら視察 浜岡原発、放射線のコンクリ壁劣化調査(2016/11/10

静岡新聞@SHIZUOKA 震源活断層15.7キロに 浜岡4号機の規制委審査(2016/11/5)

静岡新聞@SHIZUOKA 中電「強度不足ない」 浜岡原発 重要設備(2016/11/1)

静岡新聞@SHIZUOKA 環境放射能調査、1試料震災前超え 浜岡原発周辺(2016/11/1)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

 

カテゴリー: 原子力災害, 原発の安全と危険, 国内メディア・原発関連ニュース, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 東海地震, 浜岡原発 | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年10月)

静岡新聞@SHIZUOKA 使用済み核燃料16年度分輸送終了 浜岡原発5号機(2016/10/29)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡4号機、布の異物混入 圧力抑制室(2016/10/28)

静岡新聞@SHIZUOKA 広域避難計画 知事に質問書 UPZ市民団体交流会(2016/10/28)

静岡新聞@SHIZUOKA 牧之原でヨウ素剤配布開始 原発5キロ圏「線引き」に疑問の声(2016/10/23)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発・安全対策「主な工事完了」 適合性審査は継続(2016/10/22)

静岡新聞@SHIZUOKA 双方が主張説明 浜岡原発差し止め控訴審(2016/10/21)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡避難計画、国も関与を 平山氏が初質問 参院経産委(2016/10/21)

静岡新聞@SHIZUOKA 原子力災害の対応検証 中電、浜岡で全社防災訓練(2016/10/18)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発「情勢連絡会」役割見直し 中電とUPZ7市町 (2016/10/18)

静岡新聞@SHIZUOKA 静岡県と御前崎市、完成の発電機など点検 浜岡原発 (2016/10/15)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発避難計画「偏西風影響考慮を」市民団体、静岡県に要請(2016/10/14)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡5号機、タービンロータ測定確認150トン申請 (2016/10/5)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 原子力災害, 原発の安全と危険, 国内メディア・原発関連ニュース, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発, 東海地震, 浜岡原発 | 件のコメント

浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年9月)

静岡新聞@SHIZUOKA 現場で加工、金具の強度低下か 浜岡4号機「ベント」不適切施工(2016/9/30)

静岡新聞@SHIZUOKA 「ベントの適切施工を」地元、浜岡4号機工期遅れで(2016/9/27)

静岡新聞@SHIZUOKA 10月3日、初会合 浜岡原発周辺環境安全連絡会(2016/9/27)

静岡新聞@SHIZUOKA ベント完工 月内間に合わず 浜岡4号機(2016/9/27)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発31キロ圏連絡会10月にも初会合(2016/9/17)

静岡新聞@SHIZUOKA 機能復旧に最長1カ月 浜岡原発重大事故で中電試算(2016/9/16)

静岡新聞@SHIZUOKA ヨウ素剤「31キロ圏も事前配布を」 牧之原市、静岡県に要望(2016/9/15)

静岡新聞@SHIZUOKA 浜岡原発、可搬型気象観測装置点検 静岡県と御前崎市 (2016/9/14)

静岡新聞@SHIZUOKA 中電社長「使われないよう努力」 御前崎市民にヨウ素剤配布 (2016/9/14)

静岡新聞@SHIZUOKA <ヨウ素剤配布>服用法や副作用、御前崎市民に不安の声(2016/9/12)

静岡新聞@SHIZUOKA 御前崎市、ヨウ素剤配布開始 全市民対象、12月まで(2016/9/12)

静岡新聞@SHIZUOKA 原発問題、住民と中電社員が議論 牧之原(2016/9/10)

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

 

カテゴリー: 中部電力, 原子力災害, 原発の安全と危険, 国内メディア・原発関連ニュース, 放射能、放射線、放射性物質, 政治と行政, 日本の原発 | 浜岡原発を中心とする原発関連のニュース(2016年9月) はコメントを受け付けていません。

2016年の福島の梨、セシウム137は0.69±0.17Bq/Kg

%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e6%a2%a82今年も、福島から梨が届きました。
東京電力福島第一原発事故以降、毎年、福島の梨農家から梨を一箱購入しています。
この農家では、出荷前に梨の放射性物質の検査をされています。
もちろん基準値以下です。
セシウム134は不検出、セシウム137は検出限界放射能0.48Bq/Kgに対し0.69±0.17Bq/Kgです。

大きくてとっても立派な梨です。瑞々しく甘く、おいしくいただきました。
来年もまたおいしい梨を食べたいと思います。%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e6%a2%a81

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 放射能、放射線、放射性物質, 日本の原発, 東日本大震災・東京電力福島第一原発 | 件のコメント

「浜岡原発は、停止しておいたほうがよい47.3%」(浜岡原発20キロ圏内牧ノ原市2016年市民意識調査)

牧ノ原市は、浜岡原発20キロ圏内が入る4市(御前崎市、掛川市、牧ノ原市、菊川市)です。牧ノ原市の市民意識調査は毎年行われており、2017年は4月から5月に実施されました。対象は、牧ノ原市在住の無作為に抽出した16歳以上の男女1,399人です。回答率は59.4%です。
浜岡原子力発電所の今後についての設問もあります。
この意識調査報告書は、牧ノ原市のホームページに掲載されています。
2016年度と比較すると、「浜岡原子力発電所は、停止しておいたほうがよい」は5.2ポイント低くなっています。年代別の回答集計も報告書に記載されています。40歳から79歳は、「停止しておいたほうがよい」が47.7から55.7%ですが、39歳以下は40%以下です。

Makinohara2017(1)

Makinohara2017(2)毎年市民調査をして下さる牧ノ原市に心から感謝します。
ありがとうございます❤

2016年の浜岡原発から20キロ圏内が入る4市の原発に関する市民調査:御前崎市、牧ノ原市、掛川市菊川市
2015年の浜岡原発から20キロ圏内が入る4市の原発に関する市民調査:御前崎市牧ノ原市掛川市菊川市

STOP!浜岡原発ブログ「掛川市の世論調査、20代「再稼働容認」が「廃炉」を上回る」 (2012年平成25年掛川市市民意識調査
データ出典:牧ノ原市ホームページ
平成28年度 牧之原市市民意識調査 報告書16ページ
問5 あなたは、浜岡原子力発電所の今後についてどう思いますか?
http://www.city.makinohara.shizuoka.jp/bg/shisei/upload/H28_shiminishikityousa_houkoku.pdf

 

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 政治と行政, 日本の原発, 浜岡原発 | 件のコメント

「浜岡原発は停止しておいた方がよい53.1%」(浜岡原発20キロ圏内菊川市2016年アンケート)

浜岡原発20キロ圏内が入る4市(御前崎市、掛川市、牧ノ原市、菊川市)の菊川市が2016年4月に市民アンケートを実施しました。対象者は、菊川市に住む住民基本台帳より無作為に抽出した20歳以上の市民2,000人です。回答率は50.4%です。
浜岡原発に関する設問もあります。
問12 あなたは、浜岡原子力発電所の今後についてどう思いますか?
このアンケート結果は、菊川市ホームページに掲載されています。

Kikugawa(2)Kikugawa(1)

毎年市民調査をして下さる菊川市に心から感謝します。
ありがとうございます

2016年の浜岡原発から20キロ圏内が入る4市の原発に関する市民調査:御前崎市、牧ノ原市掛川市、菊川市
2015年の浜岡原発から20キロ圏内が入る4市の原発に関する市民調査:御前崎市牧ノ原市掛川市菊川市

STOP!浜岡原発ブログ「掛川市の世論調査、20代「再稼働容認」が「廃炉」を上回る」 (2012年平成25年掛川市市民意識調査
出典:菊川市ホームページ
菊川市総合計画・行政評価平成28年度市民アンケート調査結果31ページ
【浜岡原発市民意識調査】
問12 あなたは、浜岡原子力発電所の今後についてどう思いますか?
https://www.city.kikugawa.shizuoka.jp/kikakuseisaku/documents/matome.pdf

静岡県への提言書「東海地震と浜岡原発事故想定時の防災計画」

イベント・アクションの最新情報(一覧)⇒こちら
脱原発ポスターと放射能と電気の紙芝居の貸し出し中⇒
こちら

浜岡原発を止めても停電しません!
2010年の浜岡原発の発電量は中電の全発受電電力量の10.8%

カテゴリー: 政治と行政, 日本の原発, 浜岡原発 | 件のコメント